蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

よもやま話(ブログ)

2017年8月9日

【2017ピース&グリーンボート】ピースボートスタッフ便りVol.1

ピース&グリーンボートは東アジアの平和と環境をテーマに
2005年から始まった日韓共催クルーズで今回で10回目を迎えます。
7/27に神戸を出港して麗水(韓国)、ウラジオストック(ロシア)、
函館、境港、釜山(韓国)をゆく12日間のクルーズです。

ショートクルーズは寄港地とクルーズの日の比率が半分ほどなので、
少し忙しいのですが地球一周クルーズの船旅のダイジェスト版のような毎日です。
リピーターさんも多いのが特徴で、
久しぶりに再会するお客さんとの近況報告も楽しみの一つです。

今回は7/25に地球一周クルーズから帰国したばかりの小林君と
1年振りの乗船の村松との2人体制です。

まずは105日間一回も髪を切らなかった小林君はクルーズの営業が始まる前に
船内美容室でさっぱりと髪の毛を切ってもらい、リフレッシュ。

小林君 美容室でカット
IMG_8515
神戸港を背景にして
IMG_8516

神戸出航翌日、朝の太極拳は初日を小林君が担当しました。
出港時の神戸港は蒸し暑かったのですが、さすが海の上となると気温は下がり、
波も穏やか、うっすらと雲がかかっていて眩しくないちょうどいいお天気です。
静かな海の上、周囲360度海、遠くには水平線、見上げれば広い空、
太極拳の動きも呼吸もゆったり大きくなり、太極拳が上達したようにさえ感じる気持ちよさです。
60~70人のお客さんと一緒にそんな穏やかな朝を迎えました。

IMG_8534

本州と九州に架かる関門海峡を抜け、船は最初の寄港地の韓国、麗水(ヨス)へ向かいます。

関門海峡 船の煙突がすれすれに潜る様子は迫力があります
IMG_8523
IMG_8524

韓国の麗水に寄港し、韓国からのお客さんを乗せ
いよいよ総勢1300名弱(うち子供は200名)の大家族での船旅が始ました。

2番目の寄港地、ウラジオストック。
沢山のカモメが飛び、軍艦が港の目の前はウラジオストック駅です。
ウラジオストック駅はシベリア鉄道9000キロ、モスクワまでの6日間の旅の始まり。
長ーい車両の寝台列車が止まっています。

船からの港の景色
IMG_8526
ウラジオストック駅
IMG_8527
街並み
IMG_8535

銀行で1000円を530ルーブルに両替して街歩き。
新しい建物もあり、景色はヨーロッパのようです。

町にはいくつも小さなファーストフードのスタンドが並んでいます。
スタンドのコーヒーは20ルーブル(約40円)。
かっこいいお兄さんの売るロシアンハーブティーは1杯80ルーブル(約150円)。
僕の友達は日本にハネムーンで行ったんだよ、と話してくれました。
写真はなぜかこのポーズ。
IMG_8532

汗をかくほどの気温ではないのですが、日差しが強くすっかり数時間の街歩きですっかり日焼けしました。

次の寄港地は函館祭り開催中の函館です。

アママ 村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>