蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

ピースボートスタッフ便り

2018年4月24日

【97回クルーズ】ピースボート便りVol.4

インドネシア、2つ目の寄港地、スマランへ到着です。

私は全く知らなかったのですが、
今、世界で話題の場所がこのスマランにあるというので、行ってきました。

その場所とは・・・「カンポンペランギ」

カンポンが、「村 」で、ペランギが「虹」
で、虹の村という意味になるそうです。

この、カンポンペランギ、
約325軒の家をペイントして作られたのですが、
なんと、わすが数週間という短い間で完成したそうです。

1524565784434

元々この場所は、ボロボロの漆喰や、赤壁の家が建ち並ぶような
荒廃したスラム街だったそうです。

そこで、市が経済対策として、
村に隣接するフラワーマーケットに観光客を呼び込もう!と、
96億ルピア(約8,000万円)を費やし、マーケットを改修しました。
それが2016年12月のことです。

しかし、スラム街の荒んだ風景が、
立派なマーケットの経済効果の足を引っ張るかたちとなったそうです。

そこで、さらに30億ルピア(約2,500万円)をかけ、
村を改修する案が出されたそうですが…

残念ながら、予算もなく、
3億ルピア(約250万円)をかけ、街をペイントすることにしたそうです。

そうして誕生したのが、カンポンペランギ !

1524310606236

1524310611027

1524310613907

なぜ今、ここが話題かというと…
そう!SNSです!
カラフルな景色をバックにオシャレな写真を撮り、
SNSにアップロードすることが、
どうやらこのカンポンペランギの楽しみ方のようです。

私もSNSで注目される写真をと思い…
パンダと戦ってきました。笑

1524310617985

果たして “いいね”はもらえるのでしょうか??笑

さてさて、虹の村をさまよいながら、
偶然通りかかったお店を覗くと、
そこにはなんとアイスが!!

カラフルだけどギリギリの道↓
1524310620842

あまりに暑くて、冷たいものを欲していた私たちにはピッタリのお店!
さっそく買おうとしますが、
出てきたのは、お店のおばあちゃん。
英語が通じるわけもなく・・・
表示してあるお金を出しても、何かを訴えてきます。

んー、早く食べたいのに、アイスの値段が分からない(T_T)

そういう時は、やはり紙とペンですね。
1524575142969

すぐに解決!!笑
表示の金額より高く言われましたが、
まぁよしとしましょう!

私はとうもろこしアイスをセレクト。
とうもろこし型のモナカに包まれているアイスで、味はまさにとうもろこし!!
期待していなかったですが、すごく美味しくてビックリしました。笑

1524310625052

お値段は、4000ルピア(約30円)と、安い!!

虹の村を後にし、街の中心地へ。
昼食は、ローカルっぽいご飯屋さんにチャレンジ。
1524575145735

なんだか、船の食堂に似た雰囲気でした。笑
メニューはよくわからなかったので、
適当に主菜と副菜的なもの、そしてライスを注文しました。
1524310627839

1524310631144

これにミックスジュースをプラスして、
お会計がなんと 42350ルピア!
日本円にして、約330円!
いかにも辛そうな主菜は、スパイスで包まれた白身魚で、
副菜はちょい辛のジャコと青菜とニンニクの炒め物と、
辛くない野菜と卵の炒めでした。
それぞれを少しずつ取り、ご飯に混ぜながらインドネシア風に食べてみました。
辛くて、暑くて、汗をダラダラかきながら、
食べるご飯。
これもインドネシア風でしょうか( ̄▽ ̄)

前回のバリ島に続くインドネシアを
満喫しました。

船は、マレーシアを経て、
ピースボートでは2回目の寄港となるミャンマー ヤンゴンへ向かいます。

アママ 光本

オマケ★
虹の村のトラネコ。
たまらなく可愛い!!
1524310636096

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年4月11日

【97回クルーズ】ピースボート便りVol.3

3/22~23
ベノア

インドネシア
バリ島のベノアへ入港しました。

港から渋滞に巻き込まれながら、
タクシーで1時間半。

タナロット寺院へ行ってきました!!
1522137165922

1522972923095

このタナ ロット寺院、引き潮の時は、歩いて寺院まで渡れるそうです。

が、しかし、今日は満ち潮。

遠くから眺めることになりましたが、
力強い海と、そこに浮かぶ美しい寺院の景色を楽しんできました。

タクシーの運転手さん曰く、
「ここに来ないとバリ島に来たとは言わない」との事でした。笑

タナロットは、サンセットの名所で、
水平線に陽が沈む時に、夕焼け空に寺院のシルエットが浮かび上がり、
とても綺麗だそうです。
残念ながら、サンセットまでは見られませんでしたが、
またバリ島に来ることがあったら見てみたいです。

さて、ランチはタクシーの運転手さんオススメのお店へ。
BAMBOOというポークリブのお店でした。
1522973212724

あれ?インドネシアで豚肉?!
と、思いましたが、
バリ島はイスラム文化圏にあるインドネシアでヒンドゥー教を信仰する唯一の島。
なので、ポークリブのお店があるんですねー。

さっそく、オススメのポークリブとクリスピーダックを注文しました。

1522973221325

1522973225793

ポークリブのお肉は柔らかく、とてもジューシー♪
クリスピーダックはスパイシーな味付けでサックサク♪
付け合せのソース、玉ねぎが辛めで、ご飯がかなりすすみました。

ポークリブにお好みでどうぞ!と言われたブラウンソースが、
とっっっても辛くてビックリしましたが、
それもまた、そこでしか味わえない味。
しっかりと楽しみました!

飲み物はパイナップルジュースを頼みました。
1522973215699

氷抜きで!とお願いするのを忘れ、
とても美味しかったのですが…
ドキドキしながら、飲みました( ̄▽ ̄)
衛生的に、海外ではお水には注意!
もちろん氷にも注意が必要です。

お腹がかなり弱い私。
幸いなことにお腹を壊すことはありませんでしたが、
気をつけないといけないなーと反省しました。

帰り道には、スコールも経験しましたが、
既に帰路。
タクシーの中だったので良かったです。

バリ島では、かなり多くのバイクが道路を走っています。
スコールが降ってきたと思ったら、
すぐバイクを路肩に停め、
みんなが一斉に、同じようなポンチョを着て、
また再び走り出すという姿が見られました。
なかなか日本では見ない光景で面白かったです。

スコール(残念ながら、ポンチョへの生着替えは映ってません)

観光から、食事、街の雰囲気など、
バリ島を十分に楽しみました。
次は、同じくインドネシアのスマランへ寄港します。

アママ 光本

オマケ★
一緒に出かけた船で勤務するナースと、
タクシーを待っていた時、

客引きをするタクシーの運転手さんに絡まれ、
しばらく一緒に話していたところ…

運転手「彼はボーイフレンドか?」

ナース「いやいや、彼女はガールだよ!」

運転手「あー、ガードか!ボディガードね!」

私「NO!NO!! アイ アム ア ウーマン!!」

運転手&ナース「(爆笑)」

運転手「(話をそらすように)タバコ吸うかい??」

私「No thank you!!笑」

以上、
光本あるある小話@バリ島でした。笑

ま、この姿じゃ、ボディガードに見えますかねー(笑)
1522972869332

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年4月4日

【97回クルーズ】ピースボート便り(番外編)

~番外編~

祝?!クルなび出演!!

ピースボートに乗った方なら、絶対に見たことがある番組…

そう!!
クルなび!!

※クルなびとは、船内で放送される情報番組。
船内イベント案内やその様子、水先案内人の紹介、
翌日の日の出日の入りの時間などをお知らせしてくれます。

ニューアママの工事がまだ終わらず、
今クルーズも客室での営業のため、
アママの場所や治療コースの周知と、
グッズの宣伝と、
さらにはカルチャースクールの紹介を兼ねて、
船内の大人気番組、クルなびに出演させていただきました。笑

↓写真1 極度の緊張で全く笑顔のないミツモト( ̄▽ ̄)
怒っているわけではありません。笑
1522820889709

写真2 マッサージの撮影は落ち着いてできました。
1522766328023

写真3 こういう日に限って、ヨレヨレのインナーを着ている事を後悔(T_T)
1522766330542

さて、クルなび効果はいかほどか。
乞うご期待!!!笑

ただ一点!! 残念なのは、
船内治療室「アママ」はカタカナなんですー( ̄◇ ̄;)
写真4 まさかの「あまま」表記
1522766333576

おわり。

アママ光本

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年3月28日

【97回クルーズ】ピースボート便りVol.2

3/19
東ティモール

今クルーズ2つ目の寄港地、東ティモールに到着しました。

東ティモールはオーストラリアの北方、ティモール島の東部を占める国で、
元々はポルトガルの植民地でした。
その後、インドネシアの占領下にありましたが、2002年に独立しました。

ピースボートが訪れるのは18年ぶりで、2回目となります。

船から見える
朝靄の中の、クリストレイがとても幻想的で綺麗でした。

遠くに見えるキリスト像↓
1522137182527

船が港に停められないので、錨を下ろして沖どめをし、
テンダーボートでの移動となりました。

お世話になったテンダーボート↓
独特の形と色使い。
IMG_1296

テンダーボートには160人乗れるらしいのですが、
これ一台でのピストン輸送。
運行が30分~60分に一本しかありません。

そんなわけで、時間が限られていたので、
物産市が行われるという近くの広場へ行ってみようということになり、
港から歩いて行ってみました。

近いと聞いていたのですが、なかなか着かない(^_^;)
迷いながら、猛暑の中徒歩15分。
かなりキツかったです( ˙-˙ )

やっとの思いでたどり着いた
ラルゴ デ レジデレ。

写真↓ 広場看板?
1522137189839

しかーし、
歩いている途中から、なんだか嫌な予感はしていたのですが・・・
んー。
物産市とは程遠い。

ジュースやお菓子、それからフルーツがちょこっと売っているだけでした( ̄◇ ̄;)

竹にぶら下げて売られているフルーツたち↓
魚や鳥などもこんな感じでぶら下げて、
肩に背負い、歩きながら売っていました。
1522137192417

仕方ないので、物産市は諦めて、
ちょいとオシャレなホテルのオープンカフェでランチをしました。

1522137195866

IMG_1293

写真 食べた物
左上から時計回りに
・Oyster beef (ご飯が進む味)
・Special chicken(ちょい辛)
・Rice(水分少なめパサパサご飯)
・Sweet&Sour fish(甘酸っぱい)
1522137204408

それぞれライスセットで$8でした。

チキンの味付けだけは、何のスパイスが使われているのか分からずでしたが、
どれも美味しく、大満足でした。

※ちなみに、後から添乗員さんに聞いたところ、
物産市は、広場のもうすこーーし奥で開催されていたらしいです。
諦めず、もう少し足を伸ばしていたら…
うーん、残念。

アママ 光本

オマケ★
カフェネコ。
治療所ネコのななちゃんの半分くらいの体型で、痩せ型ネコちゃん。
ずーっと、お店に飛んで来る鳥を追っかけてました。笑
IMG_1287

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年3月14日

【97回クルーズ】ピースボート便りVol.1

3/7 神戸出航

97回アジアグランドクルーズがスタートしました。
神戸出航の様子を動画にしましたので、どうぞご覧ください♪

93回クルーズで一緒だったスタッフが、ターミナルからお見送りしてくれたので、
その映像も合わせました(^o^)
出発する側と、お見送りする側の両面からお楽しみください!

3/10
さて今年、ピースボートは初航海から35周年を迎えます。
あれ?なんと、私と同い年…。(°_°)

日本の歴史教科書の記載が国際問題となり、
歴史の事実を知るためにアジアの国々を訪れたのが発足のきっかけだそうです。

今回は、その原点であるアジアを回るクルーズです。
一度にこれほど多くのアジアの国々を訪れるのは初めてで、
東ティモールは18年ぶりの訪問だそうです。

乗船2回目の私にとっては、どこもはじめての国ばかりなので、
どんな人、そしてどんな景色に出会えるのか、
そして、なんといっても、どんな美味しい食べ物に出会えるのか…(笑)
楽しみです!!

が、しかし。
やはり船の揺れには弱い私。
今のところ毎日、船酔いと戦っております。

今日は硫黄島の周遊がありました。
嬉しいことにちょうどお昼休みだったので、
オープンデッキへ見に行きました。

風は強かったですが、天気も良く、
すごく近い距離で、島がハッキリと見えました。
ちなみに、鼻づまりの私にも、硫黄の匂いが届きました( ̄▽ ̄)

そして、今日の船内映画は「硫黄島からの手紙」

それを見た後だったので、
あー、あれが、すり鉢山か…。
この島であんな恐ろしい戦争が起きていたんだ…と。

今日見ることができた島の景色も、
海もすごく綺麗だったので、
なんだか…考えさせられました。

1520931877190

1520931873379

船はさらに南下し、
クルーズ最初の寄港地パラオへ向かいます!

それでは、また。

アママ 光本

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年3月7日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.6

船は最後の寄港地パプアニューギニアのラバウル島を出港し、横浜港を目指します。

このクルーズは夜明けが6時を過ぎることが多く、
朝6時の太極拳の時間にはまだ頭上に星が輝き星空をよく眺めました。
進路を北へ。
そろそろ、船首には北半球の星空、北斗七星。
船尾には消えそな南半球の星空、南十字星。
頭上にサソリ座、その上に木星、黄道に沿って火星、土星。
朝の太極拳は星空の観察から始まりました。

3/2
日の出は5:57。
徐々に上がる日の出を眺めながら太極拳の時間が始まります。
満月の今日、東の空には昇る太陽、西の空に沈むまあるい月、その真ん中に私たち。
その情景だけで心身が整うような美しい朝の始まりでした。

参加者で集合写真↓ ※皆さんには公開了承済みです
1520409724228

3/3
最後の太極拳、夜明けは6:05。
少し肌寒くなりましたが、最後の日もデッキで朝を迎えながら
太極拳をすることができました。
1520409728124

アママ常連の春日さんにたくさんの写真を頂きました。
毎朝の音響装置の搬入のお手伝い、何気ない挨拶や笑顔、
沢山の人に支えられた太極拳の時間でした。
1520409737203

1520409732948

1520409741961

最後の太極拳が終わって
朝の8時から硫黄島周航。
風が少し肌寒いですが、海も穏やかでお天気は良く
かつて激戦の末、山頂に星条旗が立ったすり鉢山や、
自衛隊のレーダー基地がはっきりと見えます。
終戦後73年、かつて戦地になったこの島の島民は
この島にはいまだに戻れていません。
1520409745241

そして海にはたくさんの鯨がいます。
潮を吹いたり、ジャンプしたり、
短時間でこれだけたくさんの鯨が水面に現れるという事は、
この海には相当の鯨がいるのだとこの海の広さや豊かさを感じます。
仕事前に2時間ほど海を眺め、日本に戻ってきたことを実感した時間でした。

3/4横浜帰航
朝6時、まあるいオレンジ色の太陽がベイブリッジ越しに上がりました。
毎朝この場所で太極拳の時間を過ごしていた全ての朝に感謝して。

1520409750017

アママ村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年2月28日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.5

2/13 サウンド遊覧デー

今回のクルーズの見どころの一つである、ミルフォード・サウンド遊覧。
南島と北島に分かれたニュージーランドの南島の南西部に位置し、
フィヨルドランド国立公園内にあります。

早朝からパイロットが乗り込み、5つのサウンド(フィヨルド)の遊覧が始まります。
1年のうち200日が雨という地域です。
朝7時、小雨の中モノトーンの世界でしたが、船の近くにイルカが何回も現れてくれました。
IMG_1044

14時頃、最大の見どころのミルフォードサウンド。
タイミングよく空も晴れ、迫力ある絶壁の山々を見上げます。
ピースボートの他にも小型の遊覧船がいくつも出ていて、
IMG_1042

対比するとその大きさが良くわかります。
ど真ん中をいくピースボートに対して、小さな遊覧船は滝の真下へ。
降雨量が多いのであちこちから滝が流れ落ちています。
目の高さが違うとどんな風に見えるのかなーと想像します。
IMG_1041
このフィヨルドランド国立公園にあるミルフォードトラックは、
世界で一番美しいトレッキングコースとして知られています。

ニュージーランドの大自然を満喫するには、
キャンピングカーを借りてそこで寝泊まりしながら旅をするのがお勧めと教えてもらい、
いつかそれを実現したいと忘れないように日記に書きました。
IMG_1038
船は毎日移動し、違う海を航行します。
船内ではイベントも盛りだくさん、2,3日おきに寄港し、
過去の記憶がどんどん塗り替えられます。
色んな事があったはずなのに、数日前のことを思い出すのにも苦労します。

一昨日、再び赤道を超えて北半球に戻ってきました。
帰国まであと1週間。
夜明けの傾いた南十字星を見て、
この星を眺めるのも今日で最後かなと旅の終わりを感じる朝の始まりです。
IMG_1037

おまけ;
ニュージーランドは動植物の検疫がとっても厳しいです。
入国の際、イヌによる持ち物検査があったのは初めての経験でした。
IMG_1036

アママ 村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年2月21日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.4

日本を出港して1ヶ月、約2週間でオーストラリアの5つの港
(フリーマントル、アデレード、メルボルン、タスマニア島・ホバート、シドニー)
に寄港しました。
40度超の暑さと聞いていた夏のオーストラリアですが、
お天気によってはセーターを着る寄港地もあったくらいでした。

オーストラリアの国旗にはユニオンジャック、
街並や地名、文化にイギリスを感じるところも多く感じましたが、
フィッシュアンドチップスはイギリスのものよりも
オーストラリアの方が断然美味しかったです!
新鮮なお魚は身厚でふわっとしていて、
ソースもチリソースやタヒニソースなどお店によってさまざま。
(@フリーマントル↓)
4-1

(@タスマニア)
4-2

大都市でも街路樹は大きく茂って木陰を作り、身近に広々した公園があります。
お昼の時間になるとオフィスワークと思われる人々が
ランチを持って公園にやってきます。
オーストラリアでは芝生の上にシートを敷いて
ごろごろしている人を沢山見かけました。
緑や土が都市で生活する人の心身のバランスと取ってくれているようです。
(メルボルン市内の公園)
4-3

(公園でチェスをしている人たちも・・・)
4-14

私もオージーに倣ってテイクアウトで軽食を買って、
公園で一休み。
(↓ラップサンドと水で$12≒1100円。オーストラリアの食費は本当に高い!)
4-4
芝生でごろんとすると本当に気持ちよくてそのまま少しお昼寝。
普段はいくら寝ても寝たりない私ですが、
30分ほどのお昼寝でスッキリと目覚めました。
大地に受け止めてもらうのが一番のようです、よくわかりました。

さて、オーストラリアでは楽しみにしていた、タスマニア。
野生動物を保護しているボノロング野生動物公園へ行きました。

ここは怪我や病気が原因で保護された動物たちが暮らしています。
動物たちのいる囲いが低く、遠くの景色と一体となっている開放感のある動物園です。
IMG_0939

オーストラリアならではの動物達に一気に会え、テンションが上がります。
ここの動物は人に懐いているので触ったり餌をあげたりすることもできます。
4-54-7
4-64-8

園内のガイドツアーに参加して、
タスマニアデビルには癌が蔓延していて絶滅しかかっていること、
交通事故にあった野生動物を見かけたら
おなかのポケットに子供がいない確認すること、
コアラの脳はクルミ大の大きさで1日のうち20時間が睡眠時間、
触れる時はコアラはお尻を、ワラビーは胸を、、、
など教えてもらいました。
4-12

オーストラリアは独自の進化を遂げた生き物の多様性が豊富な国ですが、
生態系の破壊は止まらず、毎年世界で絶滅してしまう種類の5~10%は
オーストラリアの固有種との事。

動物や珍しい植物たちに触れ、
人人人(多様性は豊富ですが)のピースボートの毎日の中で
ほかの生き物たちの目線で物事を測ることを教えてもらえたオーストラリアの2週間でした。
4-94-11
(シドニー郊外の街中のサイン)

アママ 村松

★オマケ★
アデレードの郵便局
4-13

アデレードの図書館
まるでハリーポッターの世界!!
IMG_0933

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年2月7日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.3

ピースボートの船体に新しくロゴが加わっています。

1517993589632

1517993571077

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)はオーストラリアで発足し、
昨年ノーベル平和賞を受賞し話題になりました。
ピースボートも国際運営団体としてかかわっています。

船内には広島出身の被爆者の方、
福島県飯館村で酪農業に携わる方、
オーストラリアの先住民で核実験の被害にあった方、
ICANのディレクター、
ジャーナリスト 
が水先案内人として乗船されています。

福島原発関連のドキュメンタリー映画、
報道の減る被災地の現実、
日本以外での核被害についての講演、
ICANの活動報告など
日本のTVや新聞、雑誌などでは報道されない、知りにくい現状を
それぞれの専門の方や関係者から聞く企画が連日催されています。

私は自分の生活にきちんと責任を持っているのだろうか、
自分がその立場に置かれた時にどんな行動がとれるのか、
日常生活から離れ、国も価値観も立場の様々な人との距離が近い
ピースボートの生活ではいつもこのことについて考えます。

そして1/31、皆既月食。
21時ごろメルボルンの夜景を背景に昇ったきれいな満月を見て気分が高まります、、、

1517993596049

奇跡的に23:50に目を覚まし、デッキに出るとまさに月食中の赤い月。
月の周りの星たちもキラキラと輝く満天の星空。

その日はなんとなく寝苦しく、月食の時、
妊婦さんは外出禁止というインド人の話を思い出していた夜でした。

150年に一度の月、ずっと記憶に留めていたいと思います。

アママ 村松

*オマケ*
★タスマニアデビル
1517994959149

★ウォンバッド
1517994936233

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年1月31日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.2

オセアニアクルーズ、3つ目の寄港地はインドネシアバリ島でした。
オーシャンドリーム号にはインドネシア出身の船員(クルー)が
全体の半分くらい働いています。
バリ島寄港の前夜にはインドネシアクルーによる40名による
バリの伝統舞踊『ケチャ』が披露されました。
普段は制服を着てホテルサービスや厨房で働く彼らが
魅せるバリ舞踊ができることに毎回感心します。
それに比べると日本人にとっての伝統文化は
日常生活から離れたところまで行ってしまったように感じるのです。

アママの窓からのバリ島ベノア港への入港の様子。
近くに街が迫ってきて、青い海にオレンジ色の屋根が映えます。

IMG_0677

さて、バリではタクシーの運転手さんに勧められるままに色々回りました。
半ば強引に連れていかれたコピルアックが飲めるカフェ。
コピルアックはジャコウネコという動物が食べた珈琲の実が、
消化され糞として出て来た熟成された珈琲豆から作られる珈琲で高級な珈琲です。
一通り見学して珈琲を注文。

IMG_0686
(「コピ」とは、コーヒーを表わすインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地の呼び名
  日本ではルアックコーヒーと呼ばれることが多いそうです )
IMG_0684
(ジャコウネコの糞)
IMG_0685
(左:糞から出てきたコーヒー豆 右:普通のコーヒー豆)

珈琲と一緒にフリーで沢山のハーブティーが出てきました。
肝臓の機能を高めるもの、心臓を丈夫にするもの、癌を予防するもの、、、
基本的にお砂糖が入っていて甘いのですが、
身近な食べ物で体の健康を維持するという考え方は興味深いです。

IMG_0679

もっと興味深かったもの。
飲食店やお土産屋さん、色んな所にお供えを見かけました。
1日3回神様にお供えをするのだと教えてくれました。
ここはカフェなので小さなコーヒ。
お花、お米、お菓子、タバコ、おままごとのセット用に
きれいに手作りされています。
こうやって心を込めて神様にお供え物をする時間を、というのは
生活の中でとても尊い時間に感じます。

IMG_0680
IMG_0681

バリを出港して南へ、オーストラリアの南西フリーマントル港を目指します。
海の色はますます明るい青に、太陽の日差しはどんどん熱くなります。
南下に伴い波がうねり船はまた揺れ始めました。今回のクルーズはよく揺れます。

今朝は晴れ渡りクルーズ初めてのきれいな日の出が見れました。
IMG_0682

細かい波しぶきで手すりやデッキはぬるぬるに、
外にいる少しの間に身体がしょっぱくなります。
雲のない夜空には天の川、夜明けには南十字星が美しいそうです。

船はまもなくオーストラリアに入港します。

アママ 村松

オマケ
♥ジャコウネコ♥

IMG_0683

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |