蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

ピースボートスタッフ便り

2017年9月19日

【95回クルーズ】ピースボート便りVol.2

船は現在スリランカからギリシャを目指し航行をしていますが、
今回の95回クルーズでこの区間が最も長い洋上となります。
なんと12日間も海の上での生活となります!

この期間はどんなに辛くても
陸地を踏むことは出来ません。。。(笑)

さて、そんな長い洋上生活でありますが
その期間は船で何をしているのか?
印象深いものを少し紹介してみたいと思います。

まずは、卓球大会、サッカー大会、バスケ大会、等のスポーツ大会。
1000人以上いると実はJr.ユースだったなど、プロ級の人もいたそうです。

また、のど自慢大会、囲碁・将棋大会、麻雀大会など、
こちらは色々な国の人が参加したようでとても盛り上がったそうです。

そして、一番の大きなイベントであった洋上夏祭り!
短い準備期間で若者を中心に企画をして
「渦巻大作戦~夏最上9!ぶっ騒5ー!~」という題名で
浴衣ショー、盆踊り、ソーラン節など、
日本のお祭りを外国の人たちに知ってもらいたい!をテーマにやったそうです。
もちろん出店も沢山でて外国人の人にも好評で大成功だったそうです(^-^)

洋上が長いと暇なんじゃと思いきや、この他にも講演会や習い事などもあり、
皆さんなんと分刻みのスケジュールで動いている人が沢山いるのです!
そこでリフレッシュデーという1日企画が何もない日なんかもあります。
こういう日にのんびり過ごすのがとても大切になるみたいです(^-^)

海の上でも様々なことが行われていて、実は意外と忙しい毎日なのでした。

船のデッキでの生演奏を聞きながらの何とも贅沢なBBQ。
95-2

もうすぐ船はギリシャです。
ではまた。

アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2017年8月23日

【95回クルーズ】ピースボート便りVol.1

船はまた、地球一周の船旅に向け
横浜港、神戸港からスタートをきりました。

今回のクルーズのメインは
なんと行ってもオーロラ鑑賞!!

真っ暗な海の上では、光を遮るものはなく
360度どの方向からも見ることができるという
オーロラ観測には最適といってもいい条件が揃っているそう。

ただ、こればっかりは自然現象なので
見れるかどうかはその時の運によって。
何とか見てみたいものですが、どうなることやら・・・。

今回のお客さんは約1100人乗っていて
若者、外国人の方が普段のクルーズよりもかなり多く、船内も活気に満ち溢れています。

早朝太極拳もスタートをしましたが、外国人、若者の姿も沢山みられました。
100日間続けて来てもらえるよう頑張りたい所です。

出港時の写真
IMG_8809
ここから地球一周。家族、仲間との別れの1枚。

太極拳
IMG_8810
IMG_8811

ではまた。

アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

【2017ピース&グリーンボート】ピースボートスタッフ便りVol.2

12日間のショートクルーズも8/7に無事に神戸港に着き終わりを迎えました。

台風5号の影響で一事はどうなることかと思われましたが、
最後の寄港地であった釜山を早めに出港し、
航路を変更して、瀬戸内海を通ったお陰で、
船も揺れることなく帰ってこられました。

そういえば始まりのときも北朝鮮がミサイルを発射したということもあり、
なかなか波乱万丈の12日間でした(((^^;)

ただ、瀬戸内海を通るというのはピースボートではあまりないらしく、
近くに見える島々を操縦室からの放送を聞きながら遊覧という、
お客さんはラッキーなこともあったようです。

船内マッサージルームアママはお陰さまで忙しく、私たちは放送を聞きながら
見たい気持ちを抑えつつ頑張っていました(笑)

今回の航路は初めての寄港地が多く、中でも境港という
あまり旅行でも行くことがないであろう場所にもいきました。

境港はゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげる先生の出身地で、
町中はゲゲゲの鬼太郎一色でした!

夏休み期間ということもあり、
お子さんたちは楽しそうに街中を歩いていました。

町は至るところにゲゲゲの鬼太郎が。
IMG_8807

日本には何処に行ってもピースボートのポスターが貼られています。右は函館で。
IMG_8808

お客さんも韓国の人達とも沢山交流をしたようです。
ショートクルーズでも短いなかでも様々な出会いがあり、
船旅はやはりいいものだなと改めて感じました。

ではまた(^-^)
アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2017年8月9日

【2017ピース&グリーンボート】ピースボートスタッフ便りVol.1

ピース&グリーンボートは東アジアの平和と環境をテーマに
2005年から始まった日韓共催クルーズで今回で10回目を迎えます。
7/27に神戸を出港して麗水(韓国)、ウラジオストック(ロシア)、
函館、境港、釜山(韓国)をゆく12日間のクルーズです。

ショートクルーズは寄港地とクルーズの日の比率が半分ほどなので、
少し忙しいのですが地球一周クルーズの船旅のダイジェスト版のような毎日です。
リピーターさんも多いのが特徴で、
久しぶりに再会するお客さんとの近況報告も楽しみの一つです。

今回は7/25に地球一周クルーズから帰国したばかりの小林君と
1年振りの乗船の村松との2人体制です。

まずは105日間一回も髪を切らなかった小林君はクルーズの営業が始まる前に
船内美容室でさっぱりと髪の毛を切ってもらい、リフレッシュ。

小林君 美容室でカット
IMG_8515
神戸港を背景にして
IMG_8516

神戸出航翌日、朝の太極拳は初日を小林君が担当しました。
出港時の神戸港は蒸し暑かったのですが、さすが海の上となると気温は下がり、
波も穏やか、うっすらと雲がかかっていて眩しくないちょうどいいお天気です。
静かな海の上、周囲360度海、遠くには水平線、見上げれば広い空、
太極拳の動きも呼吸もゆったり大きくなり、太極拳が上達したようにさえ感じる気持ちよさです。
60~70人のお客さんと一緒にそんな穏やかな朝を迎えました。

IMG_8534

本州と九州に架かる関門海峡を抜け、船は最初の寄港地の韓国、麗水(ヨス)へ向かいます。

関門海峡 船の煙突がすれすれに潜る様子は迫力があります
IMG_8523
IMG_8524

韓国の麗水に寄港し、韓国からのお客さんを乗せ
いよいよ総勢1300名弱(うち子供は200名)の大家族での船旅が始ました。

2番目の寄港地、ウラジオストック。
沢山のカモメが飛び、軍艦が港の目の前はウラジオストック駅です。
ウラジオストック駅はシベリア鉄道9000キロ、モスクワまでの6日間の旅の始まり。
長ーい車両の寝台列車が止まっています。

船からの港の景色
IMG_8526
ウラジオストック駅
IMG_8527
街並み
IMG_8535

銀行で1000円を530ルーブルに両替して街歩き。
新しい建物もあり、景色はヨーロッパのようです。

町にはいくつも小さなファーストフードのスタンドが並んでいます。
スタンドのコーヒーは20ルーブル(約40円)。
かっこいいお兄さんの売るロシアンハーブティーは1杯80ルーブル(約150円)。
僕の友達は日本にハネムーンで行ったんだよ、と話してくれました。
写真はなぜかこのポーズ。
IMG_8532

汗をかくほどの気温ではないのですが、日差しが強くすっかり数時間の街歩きですっかり日焼けしました。

次の寄港地は函館祭り開催中の函館です。

アママ 村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2017年8月2日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.6

船は2017.4/12に横浜から出港して7/26に神戸へ入港し、
無事に105日の船旅を終えて日本に帰ってきました。

ひとまず無事に日本へ帰ってくることができてホッとしています。

約3ヶ月という長い期間を船の中にいて
自分が感じたのは
一緒に過ごしたお客さんたちは
きっと船という空間で固い絆ができたのではと思っています。

それは日本にいる時は仕事、自分の置かれている立場、
生活している場所、色々なことがありますが、
船の中ではそういうバックボーンはあまり関係がなく、
その人自身のことをみるというか、
学生の時のような付き合いかたをしているような、
または出来るような気が見ていてしました。

太極拳を通しても、日本だったら繋がることが決して無さそうな人達が
笑顔で楽しそうにしていました。「太極拳を通じて友達が沢山出来ました!」
という声も聞かれてそれがとても嬉しかったです。

これもまた船ならではでないかなと思いました。
同舟共済。
太極拳の目標でもある協力し合うことの大切さ。
そして仲間で助け合って進んでいくというのを肌で感じることが出来ました。

太極拳のある1日。キレイな虹を見ながらの太極拳。
koba6-1

太極拳の生徒さんたちに貰った感謝状。
koba6-2
koba6-3

一先ず無事に終えられたことに感謝してまたやっていけたらと思います。
ではまた(^-^)

アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年7月19日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.5

船は最後の寄港地
ハワイを過ぎ日本に向け進んでいます。

ハワイの2日間も素晴らしい
天候に恵まれ寄港地で傘をさすという
ことは一度もありませんでした!

船に戻ってからスコールになったり
時には船が出港してから雹がふったりと、
寄港している間には晴れの神様がついていた感じでした。

船の中では日本に向け、荷物の整理をしたり連絡先を交換しあったり、
お別れ会をしたりと着々と終わりに近づいている旅を惜しみつつ
日常に戻る準備をしているようです。

そして、最近船は日付変更線を越え消滅日を迎えました。

例えば今回でいったら16日から次の日が18日になりました。
なので17日が消滅してしまった形になります。

そこでピースボートの企画で「失われた1日を取り戻せ!!」という題で
17日の24時間を何と30分に凝縮させるという荒業が敢行されました。

その日の船内放送が高速で始まったり、ラジオ体操を高速でやったり、
また、7/17が誕生日の人を高速happybirthdayでお祝いしたりと
とにかく急ぎまくっていました(笑)

そして、その1日のトップバッターを勤めたのが、朝の太極拳の私達でした。

当日の朝に出演依頼が来て、出番10分前に一度合わせてそのまま本番へ。
koba5-1

与えられた時間は1分。
とにかく時間内に小架型14式を行おうととにかく急ぐ。
koba5-2

約20人で参加しましたが、普段はゆっくりと行っていく太極拳。
戸惑うかな?と思っていましたが、流石は毎日参加してくださっている方々。
しっかりとついてきてくれ無事に終わらせることが出来ました(^-^)

そして会場でも早い太極拳をする姿に
笑い声が聞こえていました。

長い船旅の中でも、お客さんたちは
寄港地につくときだけではなく、船の中でも
こういう沢山の思い出が出来ているんだろうなと思ったヒトコマでした。

船はあとすこしで日本です。

ではまた(^-^) アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年6月21日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.4

ただいま船は、ヨーロッパを過ぎ、
中南米へと向かい航行しています。

船旅も中間地点を過ぎ、飛行機の旅とは違う、
まさに船旅ならでは!というものをいくつか発見しましたので
少し紹介をしていきたいとおもいます。

今回のクルーズで、目玉の1つでもあったセーヌ川通船。
IMG_8247

古都ル・アーブルからルーアンまで進み、観光をするというもので、
これはピースボート初の試みだそうです。

川縁にはオモチャのような家が沢山並び、
緑も綺麗で、お客さんからも大満足の声が沢山聞かれました。

セーヌ川を見ることはあるかもしれないですが、
セーヌ川から町並みを見て、変わりゆく景色をぼーっとみるというのも
船旅ならではの贅沢だと思いました。

そして、ヨーロッパ最後の寄港地アイスランドを過ぎて、
船は北極圏に入りました。
北極圏と言うのは北緯66度33分のことをいうそうで、
その近辺では氷山がいくつもありました。

IMG_8248

景色が良いところに少し停泊したので、写真タイムと思いきや・・・
ボートが1隻、氷山に向かって行きます。
IMG_8249

何かと思っていたら、クルーがその氷山を持ち帰ってきました。
船内のbarでその氷山の氷をお酒に入れて飲む事が出来るという
何ともお洒落な催しがあったようです!(有料で)

なんとも粋な計らいで、これも船ならではだなぁと感心しました。
(味は少々しょっぱかったとか普通だったとかなんとか。)

また、何回も乗船しているリピーターの方に船旅の良さを聞くと、
共通しているのはやっぱり楽!と言うことです。

ゆっくり寝ることができて、起きたら荷物を置いたまま、
手軽に観光できるというのはとても楽だそうで、
年配者の方になるほど「それがやっぱり良いよね。」とのことでした。

さらに、何といっても時間、場所、気候によって
全く違う顔を見せる海はやはり素晴らしいものがあります。
写真ではなかなか伝わりきらないのが残念なところですが。。(>_<)

こんな船旅ならではのことがまだ沢山ありますが、今回はこの辺りで。

船はもうすぐ寒い地域を過ぎて
暖かい地域に入るそうです。
真冬→真夏に突然変わるのも船旅ならではかもしれません。

ではまた。

アママ小林。

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年6月7日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.3

船は今、ヨーロッパ~北欧を
航行しています。

ヨーロッパは国と国の間隔が近いため、寄港地がかなり続きます。
4日間で4ヶ国をまわるなんてこともありました。

楽しい反面、お客さんも頑張りすぎるようで、
歩きすぎて、足が、腰が、とアママにこられることも。

また、こちらは白夜で、太陽が沈むのが遅めです。

ロシア~フィンランド付近の海上、21:30すぎでもこの明るさ。
IMG_8158

ヨーロッパを歩いていると町並みがどこもお洒落で綺麗で
歩いているだけでも楽しめます。
共通していたのは町の至るところにゴミ箱が設置されていたこと。
なので町にはゴミがなくて清潔でした。

ゴミ箱もお洒落!
IMG_8159

そのなかでも僕がヨーロッパで一番よかった所がラトビア共和国のリガという町でした。
日本ではあまり聞きなれない国ですが(僕は全く知りませんでした)
リガはバルト3国最古の町だそうです。
僕は、町自体がユネスコ文化遺産に登録されている地区の旧市街を見て回りました。
物価も安く、治安もよく、町の人たちはゆったりしていてとても居心地が良かったです。

IMG_8160

町を歩いていると絵になる風景があちらこちらに。
IMG_8161

リガの町のシンボルになっている建物にそびえる猫。
IMG_8162
リガのお土産にもよく見かけました。

何処か良かったところは?と聞かれたらオススメしたいラトビア共和国でした。

船はこれから南米へ向かって進んでいきます。

ではまた。

アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年5月10日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.2

船は順調に進んでおり、現在スリランカのコロンボを出航し、
ヨーロッパ方面に向かっています。

今回は波が本当に穏やかだそうで
ほとんど大きな揺れもなく、こんなに揺れないのも珍しい
とstaffの方が言っていました。
ただリピーターの皆さんはこのままな訳はないと
思っているようで、いつ荒波が来ても大丈夫なように
心構えはしっかりしているようでした。

船の上の生活は携帯、テレビ、パソコン等は繋がらないし、
日本の情報などもあまり入らないので、普段は中々出来ないことがはかどります。

例えば僕は、本をよく読むようになりましたし、
後はストレッチを沢山しています。
学生以来、こんなにストレッチをしたことは無かったので
最初はかなり身体が固かったですが
少しずつ柔らかくなるのがわかるので楽しいです。

自分の時間を邪魔されずに集中して使えるのも
船旅ならではかも知れません。

アジアではシンガポール~プーケット~コロンボと
マッサージに行くことが出来たので写真を乗せます。

4/21
シンガポールの町でドクターフィッシュ。
30分30シンガポールドル(日本円で2300円くらい)。
相場がわからず、日本より安いのか高いのかもわからなかったのですが、
とりあえずやってみました。
koba04
koba03
感想は、足がツルツルになっていい感じでしたが
くすぐったいのが苦手な方はご用心を。

4/23
プーケット市内ではタイ式マッサージを
やりたかったのですが、時間がなく30分のフットマッサージで妥協。
担当してくれたタリアさん。
koba02
タイでは患者がソファーに座っての施術が一般的なのか!?
何件か見て回ってみましたが、そのスタイルでやっているお店が多かったです。
koba01
タイ古式は流石にソファーではないと思いますが、
日本のマッサージとは違うところでした。

4/27
スリランカのコロンボはアーユルヴェーダが有名らしく
やってみようと思っていましたが、激しい頭痛、吐き気のため断念・・・。
あまりに顔色が悪かったのか、お土産やさんの店主に謎の薬をもらいました。
大丈夫かな?と思いながら飲んで一日寝ると、すっかり良くなっていました。
ありがとう店主!写真は撮り忘れました、、、

そんなわけで、マッサージにはタイでしかいけてないです(笑)。
(シンガポールのはちょっと違うので)
自分の思うように行かないのもまた、
旅ならではなのかなと思いました。

ヨーロッパでも引き続きマッサージに行こうかなと思っております。

ではまた(^-^) アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年4月26日

【第94回クルーズ】ピースボート便り 番外編

【ピースボートスタッフ便り】
~94回クルーズ 番外編~

~カメラマン(?)光本のサポート日記~
94回クルーズがスタートし、はや2週間…
今頃、船はコロンボに向けて進んでいるところでしょうか。

さてさて、私は93回クルーズ、ショートクルーズに乗船し、
束の間の休暇を過ごした後、
今回乗船している小林くんのサポートのため、
横浜→シンガポールまで乗船してきました。

今回は前回クルーズに比べ、海外からのお客様、
そして、若者がかなり多い印象を受けました。
そのため、太極拳に人が集まるものなのかとソワソワしていましたが…

そんな心配は必要ありませんでした!

初日は、横浜乗船の方々だけでしたが、
老若男女、多くの人が集まってくれました。

そして、雨女の私とは違い、小林青年は晴れ男?!
初日からとっっても良いお天気でした!!

mitsu01
日の出のタイミングもバッチリで、
これ以上ない、最高のロケーション!!
カメラマン光本も、とてもいい写真が撮れて満足です。笑

mitsu02

mitsu03

神戸の方が乗船してからは、
両手を伸ばして準備体操するのが困難なほど、
プールデッキはたくさんの人で溢れました。

mitsu04

まだ旅は始まったばかり。
ここから先、寄港地も続き、
疲れの蓄積などで体調を崩される方もいるかもしれません。

私もそうでしたが、そんな時こそ太極拳。

朝の気持ちの良い空気をいっぱい身体に取り込み、
ゆっくりと身体を動かすと、
ご飯も美味しく食べられる様になり、
出るものも出ます( ̄▽ ̄)笑

そうすると、カラダの巡りが良くなり、
健康が保てるのではないかと思います。

94回のクルーズに参加されている皆さんが、
健やかに、そして寄港地を十分に楽しみ、
無事に帰還することを願い、
日記を終わりにしたいと思います。

アママ 光本

★オマケ
シンガポールから飛行機で帰ってきました。
1人で飛行機に乗るのが初めてだったので、
かなり緊張しましたが、
ちゃんとマーライオンさんには挨拶しました。笑

mitsu05
そして、ちゃんとご飯も食べました。笑
エビ入ラクサ↓
mitsu06
最後の最後まで食べ続けた光本でした。

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |