蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

太極拳教室はこちら

お知らせ

2019年2月13日

大久保歩き~今田新聞店の八百屋さん~

“今田新聞店の八百屋さん”は
こちらのブログでも大分前に紹介したことがあったと
思うのですが、今日は久しぶりに近くを通って
いろいろお話を聞いてきたので紹介したいと思います。

大久保からお滝橋通りを新宿方向に歩いて行き、
職安通りにぶつかる交差点の少し手前に
“今田新聞店の八百屋さん”があります。
20190213_111245

20190213_111008

新聞屋さんのお店の前の場所をかりて
東京産の野菜や内藤とうがらしプロジェクトに関する
グッズなどを販売しています。
20190213_110849

※店舗を運営しているのはNPO法人おいしい水大使館さんです

いつもニコニコした女性スタッフのカマタさんが
それぞれの野菜のオススメの食べ方や保存方法なども教えてくれます。

伝統野菜があったり、無農薬野菜があったり、珍しい野菜があったり
目の前を通るとついつい新鮮野菜が目に入り、買いたくなってしまいます。
20190213_111024

20190213_111215

こちらに置いてある野菜はすべて東京都内の農家さんから仕入れていて、
遠方から熟す前に出荷される野菜と違い、
イマ、一番美味しい新鮮な状態の旬の野菜を置いているとのこと。
新鮮なので野菜も葉付きで売っているものが多いです。

本日も冬が旬のお野菜がたくさんありました。
白・オレンジ・紫のカリフラワーとロマネスコの4つが入ったお得パック
20190213_164714

伝統野菜の千寿ネギ、他にも白菜、キャベツ、スティックブロッコリーに
土垂里芋、まいたけなどもありました。

紫のカリフラワーは食べたことがないのですが、
ゆでる時に塩少々とお酢を少し足らすとキレイなピンク色に
ゆであがるそうです。

カリフラワーは抗酸化作用のあるビタミンCも豊富で、
加熱しても損失が少ない特徴があります。
風邪などが流行っているこの季節にももってこいですね。
旬のカリフラワーはさっくりと歯触りがよいようなので
かために茹でて食べると美味しそうです。

野菜の本によると、
江戸野菜の千寿葱は通常のネギよりもぎっしりと
巻いていて15~17巻くらいあるとのこと。
焼いて食べてもお鍋にいれても美味しそうです。
20190213_164831
(持ち帰りやすいように切ってもらいましたが確かに太くて立派です)

営業時間は毎週水曜日の午前10時~13時までとのですが、
野菜が終了した場合はその時点で営業終了とのこと。
(住所:新宿区百人町1-23-2)

最近は新宿の様々な場所で
イベントなどを行っているとのことです。
小田急・高島屋・伊勢丹・戸山公園・・・etc

5月になれば新宿のあちこちで内藤とうがらしの苗販売もします。

水曜日の午前中に大久保方面にお越しの方、
または新宿の百貨店のどこかでこちらの八百屋さんを
見かけましたらぜひのぞいてみてくださいね。
                 (も)

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2019年2月6日

【100回クルーズ】ピースボート便りVol.3

1月29日現在、船は
南アフリカを出港しアフリカ大陸最後の寄港地、
ナミビアを目指して進んでいます。

南アフリカではポートエリザベスとケープタウンの
2つの町に寄港しました。

アフリカ大陸は治安の問題上、必ずグループでの行動と、
移動にはタクシーを使う事を勧めています。

今回は少し南アフリカのタクシー事情について書いてみたいと思います。
(南アフリカで出会った動物の写真も添えて)

南アフリカでは停泊したポートエリザベスとケープタウンで
計3回、タクシーに乗っての移動がありました。

まず、船から港に出るとタクシー運転手が客引きをしています。
日本ではメーター制で何人乗ってもお金は変わらないですが、
こちらでは交渉制で1人1人お金を払うシステムです。

この交渉が毎回大変に苦労します。。。

まず運転手は大体とんでもない金額を言ってきます。
ここから交渉して値段を下げていくのですが、
運転手は凄く強気に来るので一苦労。

こちら側もタクシーを使う場合
そこの人達を頼るしかないので何とか折り合いをつけていきます。
(流しのタクシーは安全上あまり使わない方が良いため)

1日目ポートエリザベス
(移動距離→144キロ。目的地→addoナショナルパーク。
 料金→470ランド[約3800円])

IMG_9920
[1日目の自然保護区のシマウマ]

黒人の47歳の男性。かなり適当な感じ漂う人物。
なぜかというと明らかに初めて来たであろう動物園で
「普段はもっと動物がいるのに、何故今日はこんなにいないんだ。。」
としきりに言っていたから。
途中お酒を飲んでいたような節もあり、
支払いの時、少し恐かったのですが
最初の交渉時の値段をすんなり受け入れてくれて一安心。
もしかしたら最初の交渉金額がかなり高かったのかもしれないです。

2日目ポートエリザベス
(移動距離→40キロ。目的地→KRAGGAナショナルパーク。
 料金→125ランド+チップ5ドル[約1550円])
IMG_9919
[2日目の自然保護区のキリン]

イタリア系の南アフリカ人のジーナさん。男性。
始めは陽気で車内でも爆音で音楽をかけていて、
サービス精神もあったものの、
支払いの時にゴタゴタし、こちら側が根負けしてチップを渡す。
渡した後にももっとくれとせがんでいました。
いい人と思っていても急に豹変することもあるので
信じすぎるのは良くないと教訓になりました。

3日目ケープタウン
(移動距離→128キロ。目的地→Bouldersナショナルパーク。喜望峰。
 料金60ドル+チップ5ドル[約7300円])
IMG_9918
[3日目のペンギン、暖かい地域でも普通にくらしているようです]

白人のお母さん。
タクシー運転手歴42年のベテラン。
色々ここら辺に何があるとかを説明しながら、
時には車を停めながら運転してくれました。
ただ1番強気で全く値段交渉を許さず、
何を言ってもブレずにこちら側が言い値で妥協。
さらに帰りにも理由をつけられチップも渡して終了。
他に同じようなコースを行った人に話を聞いたところ、
そちらのタクシー代は35ドルほどだったそう。。
「やられた!」と思ったのと同時に
凄いお母さんだったなと思いました。

今回は以上の3人のタクシードライバーと出会いましたが、
タクシーは値段が決まっていないので交渉を上手くする事が
凄く大切です。そしてタクシーの人からしたら
出来るだけ人数を載せた方がお金になるので人が多い方が
交渉しやすいです。(3日目は2人でした)

3人とも共通していたのは、
どうにか理由をつけて追加でお金を取ろうとしていたこと。
料金には関係ないですが、車は日本車を使っていたという事でした。
アフリカ大陸でも日本車がたくさん走っていました。

日本のタクシーは良心的で安全だということを痛感する3日間でした。

船は次の寄港地ナミビアを出ると南米へと向かいます。
ではまた。

アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2019年1月30日

大久保を食べ尽くす vol.3

今回は、待つ人ぞ待つコーナーε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
大変お待たせいたしました!!
大久保を食べ尽くすvol.3をお送りします)^o^(

今回私たち蓬スタッフが行ったのは
大久保駅から徒歩2分程の小滝橋通りの角にある、
茶加匠(chakasho)さんです!
最近タピオカミルクティーなるものが
大久保では流行っているのですが、
ここ茶加匠さんが1番人気なのではないかと思われます。
休日、平日問わず学生さん達が
ワイワイざわざわと長蛇の列を作っています。
あんまり並びたくない蓬スタッフは、
行列のない時を見計らって購入してきましたよ!
珍しく行列のできる前でしたが、
私達が帰る頃には
いつも通りの行列が出来始めており、
大変ラッキーでした。

頼んだのは
宇治抹茶黒糖タピオカミルクティー
ジャスミン茶タピオカミルクティー
紅茶タピオカミルクティー
パッションフルーツレモンティー
の4つ。

人気・おすすめ・ノーマル・変わり種を選びました。
こちらのタピオカミルクティーですが、
人気の理由の1つにまず見た目!
受け取ったばかりのカップには
お茶・ミルク・タピオカで三層に分かれており大変綺麗なんです!
インスタグラムに投稿するのにぴったりな見た目となっております。
まず目で楽しみ、その後飲む前にカップを振りましょう。
そのまま飲むと甘い所だけ最初に飲むことになってしまうので注意です。
ストローが普通より太いので、吸い込む量にもお気を付け下さい!

味の感想は
宇治抹茶は、黒糖味のタピオカと抹茶がよくマッチしていて美味しかったです。
ジャスミン茶は、香り爽やかでミルクティーでもスッキリした味でした。
紅茶ラテは、ミルクティーが優しい味。
パッションフルーツレモンティーは、
パッションフルーツの身と輪切りのレモンが入っていて香り豊かな味わい。
(飲んだ方によるとオレンジの味もしたそうな)
冷たい飲み物ですが、できたてのタピオカが少し温かくて優しい喉越しです。
どの味の感想をどのスタッフが言ってるのか想像してみてくださいね(^ ^)
いつもの通り、美味しそうな動画を用意しましたのでどうぞご覧ください。

今回はMサイズを頼みましたが、
予想以上に量があります!
タピオカもたくさん入っていて、
甘みもあるので、一本飲むと結構満腹です。
なので、皆さんも購入の際にはお腹を空かしてから行くのがおすすめです!
茶加匠さん、ごちそうさまでした!

またいつになるかわかりませんが、
大久保の美味しい気になる食べ物に
挑戦したいと思いますので、次回もお楽しみに~
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

カテゴリー: お知らせ, オススメのご飯 |

2019年1月23日

【100回クルーズ】ピースボート便りVol.2

【100回クルーズ】ピースボート便りVol.2

日本を出発して約1ヶ月。
1/9、朝5:57赤道通過。
1548223136327

南半球に入り、夜明けの空には南十字星。
いよいよ南周りのクルーズがはじまったと気持ちを新たにします。
気温は高く、30℃。
夜明けも5時前後になりました。

1/18~19
マダガスカル寄港。
昼間は群青色と翡翠色の入り混じる美しい透明な海です。
1548223139079

 1日目は船内でランチを済ませてから外へ。
タクシーに乗って2時間ほどどこへ行く当てもなくドライブ。
1548223143010

綺麗な海が見えるたびに止まってもらい海を眺めます。
そこまでは良いのですが、、、
車から降りるとアクセサリーや小物を持った子供たちがすぐに寄ってきます。
『マダム、これ買って』と。
立ち止まってしまうと、あっという間に囲まれて身動きが取れなくなるので、
その辺をスタスタ歩いてはタクシーに戻るというのを
何度か繰り返し帰ってきました。
痛いくらいの暑さも加わって、4時間ほどの外出、、、疲れました。
 2日目は日の出に合わせて5時前に起床。
漁に出るカヌーを見送り、
漁から戻ったカヌーにピースボートのお客さんが乗せてもらっているのを
一日中船から眺めて過ごしていました。

『子供たちの瞳がキラキラしていて、、、』
とツアーに参加したお客さんが言っていましたが、
私はそんな訳で極力子供たちと目を合わせない様にしていたので、
キラキラした子供たちの瞳を見ていないのです。
でも、朝昼晩と色を変える透き通った海、
視界を遮るもののない広い空、
日が沈むときには鮮やかな夕焼け空、
この美しい景色を毎日映す目はキラキラするだろうな、と思い出しています。
1548223146255

バオバブの樹を見に行った人、野生動物保護区へ行った人
それぞれがマダガスカルの旅の話をシェアする度、マダガスカルの印象が変わります。

インド洋を横断し終え、
今日は南アフリカ、6つ目の寄港地ポートエリザベス港に寄港します。

アママ村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2019年1月9日

【100回クルーズ】ピースボート便りVol.1

 皆様 明けましておめでとうございます。
私たちは1月5日にシンガポールを出航し、
現在、次の寄港地へ向け進んでいます。

船は12月26日に横浜、27日に神戸を出航し、
約1100人のお客様を乗せ、地球一周に旅立ちました。

今回は1983年のはじめての航海から100回目の記念クルーズ
というということもあり、過去にも乗船経験がある
「リピーター」の方が多く乗っていて
船内のあちらこちらで懐かしの再会を喜ぶ姿が見られました。

また、今回も日本以外のお客様も大勢いらっしゃっています。
どんどん国際色が豊かになり、船内はとても賑やかな感じになっています。

【12/31】中国の厦門に寄港して、年越し蕎麦ならぬ、年越し麺を食べ、
中国のお灸処でお灸をしてもらいました。

1年の最後にお灸をすることができ、
鍼灸師らしい1年の締めくくりをする事ができました。

年越し麺
年越し麺

IMG-7624
お灸 日本の物と少し違った形のもので初めて見るタイプのものでした。

IMG-7625
お灸をされる小林。値段は日本円で1400円程でした。
因みに施術する人はハイヒールにコートを着たままやっていました(^^;)

 私たちアママスタッフは、マッサージルームアママの運営と、
カルチャースクールの太極拳の講師を務めています。
その太極拳の方も早速スタートしています。

2019年元旦の太極拳で、初日の出を!!と、思っていたのですが・・・
天候不良により、残念ながらその願いは叶いませんでした。

初日の出は拝めなかったのですが、船内は鏡開きや百人一首、
おせち料理や、振袖姿の人など・・・船の上とは思えないくらい
正月らしさを感じることが出来ました。

IMG_7622
お客様のお迎えも正月仕様になっていました

IMG_7623
アママ前にも鏡餅

船は約10日の洋上生活に入りました。
次の寄港地は「ポートルイス」です!

ではまた。

アママ 小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2019年1月5日

ヨモギランチ(1月7日)中止のお知らせ

1月7日(月)に予定しておりましたヨモギランチの会ですが、
諸事情により中止とさせていただきます。

次回のヨモギランチは2月4日(月)となります。

急なお知らせとなり、申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

蓬治療所

カテゴリー: お知らせ, ヨモギランチ |

2018年12月26日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.7

ピースボート朝一番の企画、おはよう太極拳は
今回クルーズを通して49回行いました。

今回は東京町田市で大沢院長に太極拳を習っているという
兄弟弟子の竹内さんが乗船しており、毎朝の機材運びや、
型の解説の時の相手役、参加している人の声もたくさん集めて
いただきましたし、時には自主練習のコーチまで!
姿勢も良くいつも赤いジャージで傍にいてくれた存在は
とっても大きいものでした。

1545809532389
(右から村松、竹内さん、新しいスタッフの菅野さん)

最後の日は夜明けを待ちながら
いつもの準備体操の後に男女で分かれて太極拳。

終わって、次のプログラムのラジオ体操の人も合同で記念撮影。
約60名。
希望者のカメラを回収して、
ピースボートのスタッフの人が2人がかりで次々と撮影すること10分。
私のカメラに収まった集合写真を確認すると、
もう撮影に集中しきれずみんなあっちこっち向いていて、、、

いい思い出になりました。

お互いの緊張が取れて、
一連の流れにも慣れてきて、、
毎朝が愉しくなってきたなぁ~と私が感じ始めたころ
クルーズが終わりを迎えます。

サングラスをかけた暑いインド洋の朝も
船が大揺れでお休みし続けた北大西洋の朝も
途中雨が降って慌てて室内に移動したお天気の変わりやすい太平洋の朝も

同じ場所、同じ時間、同じ仲間、
でも一つとして同じ朝はありませんでした。

全ての朝と一緒に朝を過ごした人たちに感謝を込めて。
1545809536126

◇おまけ◇

12/22に横浜客船ターミナルでオーシャンドリームの見学会があり、
大沢院長と12/26出航のクルーズ乗船の小林君と村松で挨拶へ行きました。

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン、ピースボートもその活動に参加しています)
2017年ノーベル平和賞の受賞の記念プレートの前で写真撮影。

FB_IMG_1545809946433

記念すべくピースボート100回クルーズは、
カルチャースクール太極拳のレッスンの時間を増やし、
新しい挑戦をしてみようと思っています。

アママ村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年12月25日

年末年始休業のお知らせ

12月28日(金)~1月4日(金)までお休みさせていただきます。

カテゴリー: お知らせ |

2018年12月12日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.6

ついに第99回ピースボートクルーズ
最後の寄港地ハワイ・ホノルルを出港いたしました!
今現在、日本に向かって絶賛波に揺られております。
ハワイでは日本よりも19時間遅れていましたが、
今では日本よりも3時間進んだところにおります。(12月12日現在)

ちょっとしたタイムトラベラー気分を味わいつつ、
こういう所が船旅の面白い点の1つかなぁと思いました(^-^)

最後の寄港地ハワイでは意外にも下船して観光することなく、
船の中でゆっくりされているお客さんをよく目にしました。
下船をしなくても寄港地を感じることはたくさんできるようで、
こんな物を見つけましたよ(*・ω・)ノ
1544597524009
いつも賑やかな雀卓にそっと、この文字が作られていて面白いと思いました。

それから
これは船にいなければ見られない景色!
1544597531302

船から見た景色が陸から見たのとはまた全然変わって見えて素敵でした。
視界いっぱいに広がるホノルルの街は圧巻でした。

あとわずかになった船内生活を
もうすぐ家に帰れるぞとウキウキ過ごす人、
もう皆や船とお別れなのねとしんみりする人
それぞれの思いを抱きながら来週にはもう!日本です!!

99回クルーズの記念にピースボート限定Tシャツを着た
美容師さんのお写真を撮らせていただきました!
1544597528512

ちよりん

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年12月5日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.5

パナマ運河を通航してから、
ペルー、グアテマラ、メキシコと寄港しました。

中南米、楽しみにしていたおいしいお料理を紹介したいと思います。
まず、ペルー。

ペルーについて一番最初に食べた『カウサ』という
一見ケーキのようなきれいな外見。
もちもちしたジャガイモをマッシュポテトにして
レモンの酸味を効かせて、その間に茹でた鶏肉と
アボガドのサラダをサンドしてミルフィーユのようにしたサラダ。
1543930506026

そして『セビーチェ』、シーフードのサラダ。
一口大にカットした魚介をたっぷりのライムでマリネしています。
1543930499370

お店によって唐辛子や香草のアクセントの違いはありますが、
基本的にしっかりとライムの酸味が効いていて、
添えてあるオレンジ色の甘ーいジャガイモがよく合います。
1543930512185

ジャガイモの種類だけでも3000種類あるそうで、
一般家庭でも100種類のジャガイモを料理によって使い分けるんだそうです。

グアテマラ
今年6月にフエゴ火山が噴火したニュースがあり、とても心配していました。
未だ1万人以上が避難所生活を強いられるなど、ピースボート内でも
その被害が報告されて、たくさんの募金が集まっていました。
港から街へ向かう道中では、その噴火の被害や、
猛烈な勢いで復興している様子、目の前で何度も黒煙をあげる火山を
目の当たりにしました。
1543930517572

1543930521097

旧市街アンティグアで入ったお店は目の前でトルティーヤを鉄板で焼いています。
サービスで飲める穀物でできたジュース。
少しトロっとしていて甘いジュース。
1543930534580

植木鉢のような素材のお皿で運ばれてきた、お料理はそれぞれ
グリルチキン、チョリソー、ポークなど。
1543930524256

予想外に野菜がしっかり食べれてました。1人$5でお腹いっぱい。
レストランは中庭になっていて野鳥が自由に出入りしていて、
お客さんが立ち去った後のおこぼれに食べにやってくるのが
微笑ましいレストランでした。
1543930530417

メキシコ、マンサニージョ。
市場に行く途中のフードコートのような庶民的なところでランチ。
ここで働いているのは主に女性達で、私たちが座ったお店は
小学生と思える女の子がしっかりウエイトレスをしていました。
タコス、シーフードスープ、エビのガーリックソテー、飲み物を付けて1人$6。
料理と一緒にライム、青唐辛子、塩が来るので自分で味を調整して食べます。
1543930537774

タコスなど手で食べる料理は私にはとても難しいです。
何枚もティッシュを使って最終的にテーブルの上がティッシュだらけに。
一緒に出掛けたインドネシアの友人は
『手で食べたほうがおいしいよ~』
器用にぱくぱくと片手できれいに食べていて感心するのです。

スペイン語圏もここでお別れ。
おいしいものを食べたい私たちのスペイン語は食事に関して
確実に向上しました。
そういえば代々受け継がれているアママのスペイン語の本も
食事のところにたくさんマークしてあったなぁと(^_-)

アママ村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |