蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

よもやま話(ブログ)

2018年9月26日

ひっぽいいとこ、今年はお山も登ったよ♪

秋季合宿報告 
 先日9月15日~17日の3連休に毎年恒例、
蓬ミ塾による秋の太極拳合宿が行われました。
場所は宮城県の最南端に位置する筆甫(ひっぽ)
雨がしとしと降る新宿から食事を挟みつつ
バスで進むこと約6時間。
最後の方は山へ山へと入っていって開けたところにでると
合宿先、そのつ森に到着です。

ひっぽ1日目
荷物を置いて、すぐに向かうは体育館。
やることは勿論、太極拳!!
合宿参加者の皆さんと、そのつ森の方々も参加し、
人がたくさん、場所も広い、周りの景色が大自然!
いつもの大久保の道場とは
全くの異空間で練習をしました。
合宿なので普段の練習よりも長く時間がとれ、
いつも苦手だった所は克服できるように、
得意な所はさらに磨けるようにと心がけ練習に取り組めました。

夜には大沢先生による太極拳の講義もありました。
メルマガ写真1
今回の合宿のテーマの
文武両道、和氣致祥、乖気致異、同舟共済
の意味と、そこから転じて、
日常でも使える蹬才掌(トウチャン)という力の流し方、伝え方を習いました。
実際にやってみたのですが、
なかなかに難しくて皆さん苦戦していたようでした (汗
メルマガ写真2
このトウチャン、気になった方はぜひ先生に聞いてみてくださいね。

合宿2日目
朝6時、前日の雨も止み
天気予報が良い方向にはずれてくれたため外での太極拳です。
朝起きてすぐの運動はつらいわ~と考えていましたが、
太極拳のゆっくり、じっくりとした動きと呼吸で、
だんだんと体を伸ばし気持良く動けました。
さて、このひっぽ合宿。今までなら、
1に太極拳、2に太極拳、3・4がなくて・・・という感じに
太極拳をひたすら学ぶ合宿なのですが、今回は違います。
山、登っちゃいました。
筆甫には1、2時間で登れるながらも、登り応え十分の山がいくつかあり
今回は夫婦岩を登山しました。
標高572m。高さとしてはそんなに高くありませんが、
きつい!なかなかの斜面と階段と鎖場に四苦八苦です!!
見晴らし台でなくても大体の場所が見晴らし良好です。
空がとっても近いです。
メルマガ写真5
見晴らし台にて、みんなでワイワイ握ったおにぎりを食し下山。
登山ではヒーヒー言っている人がいたり、
小さい子をおぶって登ってもさわやかな顔の人がいたり、
膝が笑ってるわー(笑)と笑う人がいたりと
いろいろな反応が見られました。
私の見たところ、蓬ミ塾の皆さんは足腰が強いです!
一応ミ塾での最年少ポジションとして参加した私ですが
断然先輩方の方が軽々と登っておられました。
見事でした。
そのつ森に戻って小休止してから、また太極拳!
皆疲れたと(主に私が)言っていましたが、太極拳は別腹です。
小休止の時までは体ががくがくしていたのに
いざ太極拳となると動けてしまうのが不思議で
体の使い方が違うんだなと実感しました。
メルマガ写真3
山で、体育館でいい汗をかき、お陰様でその日は
美味しいご飯といいお風呂と質の良い睡眠がとれました^ω^)

合宿3日目最終日
早朝太極拳とは別に合宿最後の太極拳の時間があります。
合宿常連の方々には多分お待ちかね(?)の創作太極拳!!
創作から発表までの時間わずか30分というスピード勝負。
3チームに分かれて発表しました。
皆さんの発想力にただただ驚愕しました。
ぽんぽんアイデアを出し合い構成をつくり
リハーサルまでわずかな時間でできてしまいました。
テーマはそれぞれですが、
どれもひっぽ合宿で得た体験と絡めたもの。
皆さん太極拳と思い出と学んだ事とユーモアを絶妙に混ぜて
作っていてお見事でした!
機会がありましたら、創作太極拳の様子をお伝えできたらと思います。

太極拳と山とトウチャンで過ごした今回の合宿。
最後はお世話になったそのつ森のお部屋をお掃除してお別れです。
都会から離れて、きれいな空気と自然に包まれ
美味しいご飯も食べられて心身ともに
リフレッシュできたような気がします。

また、治療所でも好評販売している、「ひっぽの元気な味噌」の
味噌工房の見学もさせていただきました。
大きな味噌樽がいくつも並んでいて迫力ありました!
工場の雰囲気は持ち帰れませんが、
味噌は持って帰ることができましたので気になった方はぜひ!
お味噌以外にも丸森町筆甫を知る事が出来る
パンフレットも少し頂いて来たので、よろしければそちらもご覧ください。

今回の秋季合宿では、蓬ミ塾、町田、仙台、大阪、
ひっぽからと色々な場所から集まっていただきました。
この合宿に関わってくださった皆様、どうもありがとうございました!
メルマガ写真4

カテゴリー: お知らせ, ひっぽ, ブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>