蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

よもやま話(ブログ)

2018年1月10日

ピースボート便り~番外編1 ニューイヤークルーズ~

番外編
~蓬院長のニューイヤークルーズ乗船記1~

新年明けましておめどとうございます。
今年も、本メールマガジンをご愛読いただき、
日々の健康生活の糧として、お役にたてていただければ
さいわいに存じます。

 さて、私は昨年の12月28日から1月5日まで、
横浜港往還、台湾、宮古島寄港、8泊9日の
船旅の仕事で、年越しは基隆の港でした。
 お正月を船旅で過ごし、新年を台湾で迎えるクルーズは
ピースボートはじまって以来の企画でした。
お客さまは、当初の予想に反して、大人気で、
1,100名を超える申し込みがあったそうです。
 お客様の割合は、60歳代以上が6割、また、
お子様、お孫様連れの家族での乗船される方も多数。
また、リピーターの方も約6割ということでした。
それで、短いクルーズの最初にお客様同士の
絆を深め、楽しい船旅になるようコーディネートして
ほしいという依頼でありました。
 クルーズの初日、午前の講演をまかされました。
また2日を除く、毎朝6時から、太極拳の指導、
東洋医術による健康講座、運動不足解消、コミュニケーション
スポーツとして、綱引大会の実施などなど、
のんびりとした船旅は期待のできない依頼でありました。
 ピースボートがチャーターしている船は
1981年にデンマークで建造されたオーシャンドリーム号です。
多数のホールやラウンジを備え、三つのプール、
二つのジャグジーを含むデッキスペースでも
ゆったりと過ごすことができる本格外航客船です。
・総トン数 35,265トン ・全長 205メートル 
・全幅 26.5メートル ・喫水 7.5メートル 
・乗客定員 1422人
・フィンスタビライザー(横揺れ防止装置)装備
・運航会社:シーホークコーポレーションリミテッドインク
という、パナマの船会社です。

今回のクルーズに乗船したのには
もう一つの理由がありました。
蓬治療所では世界一周の船旅のお客様ケアーの
ために、出張治療所を開設しています。
『アママ』という名前の船上鍼灸マッサージ施術所です。
この仕事は2001年1月の第32回ピースボート
世界一周クルーズから営業がはじまりました。
当初はNGO であるピースボートを企画している
青年たちが、昼夜の区別なく働き、体を酷使していたので、
東洋医学面から、自分たちの健康管理をしていただくよう
ケアーをはかること、これが一番の目的でした。
船を降りても、身体のケアーに鍼灸をまず、
利用していただけるような宣伝の意味合いもありました。
以来、何度も船は変わりましたが、スタッフばかりでなく、
お客さんの「癒やし所」として、
『アママ』の名称は親しまれてきています。
 これまで、前方10階にあったのですが、7階船尾デッキに
オーシャンビューの露天風呂が新設されることになり、
その一角に『アママ』も移転することになりました。
それで、その工事の進捗状況の視察も兼ねての
乗船であったわけです。
 さて、そんな仕事で年末年始を日本からはなれましたが、
そのエピソードは次回とさせていただきます。

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>