蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

太極拳教室はこちら

お知らせ

2021年10月27日

カタカムナ第二十五首

過去に相似象学会の宇野先生の勉強会に参加していた
院長の日々のブログなどから抜粋して載せています。
本日は第二十五首を。

稲の多年草化栽培研究会の収穫に行ったときのブログより抜粋。
易の卦と合わせて。

◆◆◆

沢雷「随」

沢地「萃」からの変爻、初九の辞。
「官(職種、地位)が渝(カワル=変わる)こと
 がある。正しければよい。正しく仕事につ
 き、門をでて人々と交われば、效がある」

動いてよろこぶ景色ともいう。

穏やかな日が三日続いています。
秋の刈り穂のある景色は、気分を爽やかにいてくれます。
芹ケ谷、相模の田名、塩田の田んぼの景色の中に身を置くことができる仕合わせ。
蕎麦、胡麻、糸瓜、紫蘇、甘薯などの実り。
ほうれん草、大根、白菜などの芽吹き。

ズボラ脳の新米農。 
「新米」とは、今は美味しいと言われているが、江戸の昔は、新米は食えない物だった。
一年、二年と籾の状態で熟された古米を食べていたのではなかろうか・・・・。
傘掛けの稲穂の前で、ツーショットを撮っていただいた稲の多年化栽培研修会の
小川誠先生曰く、の言葉です。
古米でなく、「熟米」とのネーミング、
いいですね!

オホトマト
オホケツヒメ
イワクストリフネ
ミツコナミ
ヒノカカヒコ

katakamuna25
イノチという言葉が、
命、生命と漢訳され、なんとなくの感覚で使われてきています。
「イノチ」とは、なんでしょう?

イが、ノして、チしているコトワリです。

イは、イツツのヒの重なりです。

イカツミ
マクミ
カラミ
トキ
トコロ

電気、磁気、重力、時間、空間の5つの要素の同時発生と消滅の繰り返し。
ノは、広がり、チは、持続。

トコロチマノトキオカシ。

また新しい朋との出会いと、語らい。
このヤポネシアで、こんなにも多くの方々が
イノチのミノリに真剣に取り組んでいらっしゃる、
周囲の無理解、無反応、無関心をものともしないで、学びに来られています。

朋あり、遠方より来たる。
また、悦ばしからずや!
「随」は、成り行き任せでなく、
明確な意志でもって、しかも、愉しく、
向上の悦びを実感しつつのナラヒですね。

随喜の日々

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年10月20日

スタッフブログ~収穫の秋~

「収穫の秋」

10月17日(日)は院長が行っている町田の田んぼへ稲刈りの手伝いに
行ってきました。その日は雨の予報でしたが、雨でも稲刈りを行う、
とのことでしたので、友人を誘い、上下のレインコート、長靴の
完全雨対策仕様で行きました。

午前10時過ぎに田んぼに到着。
少し雨は弱まっていた気がします。

雨だったため、町田の太極拳の生徒さんはおらず
先に到着していた大久保太極拳教室の加藤君と院長で作業を
していました。

加藤くんが担当している場所の隣の田んぼの
残っている稲を鎌で刈っていってと指示を受けて始めます。

Collage 2021-10-2005_25_52

実は少し前の太極拳教室で生徒さんから
「稲は手で刈るの?」と聞かれたワタシ。

「鎌で刈ります!」と大ボケ(^^;

自分よりも大分年上の生徒さんから
「鎌で刈るっていうのを手で刈るって言うの!」と
言われ、みんなで爆笑しました。

そっか、普通は機械だしね。
本当に手で刈ることがある、と思っていたわけではないですが、
咄嗟に「鎌で刈ります」って答えてしまいました(笑)

そして鎌を握り、手で刈る(笑)稲刈りスタート。

3本の苗で植えた聞くのに、50本はありそう!?
という片手でつかめないほどの稲の束です。

友人のMちゃんとたまに、ぬかるみに足を取られそうになりながら、
刈り取っていきます。

2時間もせずにすべての田んぼが刈り取られました。
稲を刈った後の田んぼは力士の大銀杏が並んでいるようで
シュールでかわいく見えました。
Collage 2021-10-2005_29_40

とくに雨対策をしていない雰囲気の加藤くんは一通り稲を刈って
はぜかけを手伝い、寒くなったのでお先に失礼します、と
帰っていきました。
風邪などひいていなければよいのですが・・。

湧き水で鎌と長靴の泥を流し、その日の作業はあっけなく終了しました。
田んぼの中でも3本から50本に増えた稲もあれば
5本から10本程度に増えたものまで同じ場所でも少しの違いで
差があったようです。

思い返せば1年近く前に院長であるチチに、
相模原で小川誠さんの「稲の多年草化栽培の研究会」なるものがあり、
4月からの生徒さんを募集しているよ、と伝えてみたのでした。
そこからあれよあれよと半年過ぎて、一言伝えただけなのに、
まさかここまで進むなんて思わなかったなぁと(^_-)-☆

そして、その後は父に誘われて同級生の家のピザパーティーに
お邪魔しました。どうやら父も知らなかったようですが、この日は
家主の父の同級生のサプライズバースデーパーティーだったようです。
 
さらに何もわかってない私とMちゃんは促されるまま、
ピザや大きなホタテなどをいただき、バースデーお祝いに少しだけ
混ぜていただきました。

素敵なピザ窯の写真など↓
283c3a3b-5642-4323-930d-f88e3962e3a2

小川誠さんのファイスブックページも参考までに載せたいと思います。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008771225299

もうすぐ収穫祭をする、という「稲の多年草化栽培研究会」の記録は
また院長のブログに引き継ぎたいと思います。〔モ〕

動きがシンクロする親子の図↓
line_658254207409003

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年10月13日

カタカムナ第四首

カタカムナ第四首

イハトハニ
カミナリテ
カタカムナ
ヨソヤコト
ホクシウタ

katakamuna4

日本語は
ヨソヤコト
四十八文字のコトのハ。

一文字一文字に、深い思念があります。
それが、フタツ、ミッツとカサナリ、
また、多重の意味が生まれます。
われわれ日本列島に育つヤポネシア人は、
このコトノハのヒビキに育まれ、人間の
「マ」を大切にする日本人になるのですね。

雷をカミナリと、読みます。
神也。神鳴り。カ身なり。
イハトハに、現れては消える森羅万象の
コトワリです。

おイネさんも順調に刈り入れの時を迎えています。
小川先生の実験田は、刈り取った翌日に、
もう、蘖が、現れていました。
ヒコバエ、イネの生命力を感じ、
また、それを整える条件を模索し、耕す農のイトナミ。

ine

今年の秋は、兌。
愉悦の時を迎えられるコトに感謝です。

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年10月6日

ヨモギランチ報告「内藤唐辛子ランチ」

10月4日(月)
「内藤唐辛子ランチ」

数年前から江戸伝統野菜として復活した
新宿の内藤とうがらし。

数年前は5月くらいに苗の販売の手伝いをして
いたこともありました。

最近では苗を購入して育てるのみでしたが、
今年はコロナ禍でなんとなく日々が過ぎてしまい、
苗の購入もしていませんでした。

ヨモギランチでは毎年初夏の6月、7月辺りか
10月初旬の新宿区での内藤がらしフェアにあわせた時期に
内藤とうがらしを使ったお料理を作っていたので

今年も内藤とうがらしをテーマにしたヨモギランチを
やりたいな、と思ったものの「内藤唐辛子が手元にない!?」。

そこで毎年苗の販売をしている今田新聞さんに
電話して聞いてみました。

今田社長さんが屋上で育てているのをよかったら
わけましょうか?とおっしゃってくださり
ありがたくいただいてきました。

小滝橋通り沿いにある今田新聞さんを久しぶりに尋ねると
お店の前には内藤とうがらしの加工品の自動販売機ができていました。
20210929_163640

そして屋上にこっそり入れてもらうと
フレッシュな緑の内藤とうがらし、
緑から赤になりかけのオレンジのもの、
赤いフレッシュなもの、乾燥したもの・・・と
たくさんの内藤とうがらしが
出迎えてくれました。
20211006_120538

20211006_120650

社長さん曰く、今年はやりすぎた・・と(笑)

お言葉に甘えて各種類から葉っぱまでたくさん
いただいてきました。

ランチならば箸置き用に、、ともいただいたり。

さて、年季の入った内藤とうがらしの本と冊子をみて
何を作るかなぁ。
20211006_111034

20211006_111013

唐辛子の料理ばっかりってあまり思いつきませんよね(^^;
でも、メキシコっぽいものはどうかな?と思いつき、

アボカドを使ったワカモレディップに緑の内藤とうがらしを
刻んでいれてみました。

当日のメニューはこんな感じです(*^^*)

・緑の内藤とうがらしとアボカド、玉ネギ、すだち果汁などを
 混ぜたワカモレディップ

・緑の内藤とうがらしを使ったラー油(万能ネギがたくさん入る)

・赤いとうがらしを混ぜたサルサソース
20211006_111256

・ご近所のケバブ屋さんで鶏肉と牛肉ミックスの
 お肉だけというのを購入

・キャベツ千切り

・トウモロコシのタコス生地(↑のものを挟んで食べる♪)

・小麦粉を使ったタコス生地にバター蜂蜜を塗り
 とうがらしの輪切りを乗せたもの
(↑食パンで行うレシピが内藤唐辛子レシピとして紹介していました)
20211006_112558

20211006_111341

・シソのジェノバ風ソースに緑の内藤とうがらしを入れたもの
 (シェル型のマカロニと和えてイタリアン風に)
20211006_111233

持ち寄ってくれたおかず
・ツナのサラダ
20211006_111143

・ホタテと菜っ葉の煮びたし

・粉ふき芋

・すだち
20211006_111308

持ち寄ってくれたおかずもあったため、
随分と種類豊富で豪華なランチとなりました(^_-)-☆
20211006_111052

20211004_122350

スタッフを入れて6名の参加者でしたが
今回はもうちょっと食べてくれる人が
いたらよかったな、と思いました。

最後に内藤唐辛子のうた↓で終わりたいと思います。
たしか、スタジオMの小二田さんが作ったのだったかなぁ?

かなり前過ぎて経緯を忘れてしまったけれど(^^;

それではまた~。

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年9月15日

猫シリーズ(元看板猫)

看板猫
line_710080773179939

line_710073808579015

スタッフのみっちゃんと
line_710119962576864

お散歩
20210915_175801

片手を箱に
20210728_214003

亡くなる前日
20210912_111517

猫に囲まれて
20210915_003022

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年8月25日

太極拳技解説 ~多聞内神道武相支部「夢語り」~

 現在、武相支部町田では、「緊急事態宣言」の下、
公共の施設の使用にいろいろな制限を受けています。
しかし、練習は継続して行ってきました。
昨年の4月、また、今年の4月には、会場が使えなくなり、
それぞれ一ヶ月間、休会を余儀なくされました。

けれども、毎週の日曜日、芹ケ谷公園の多目的広場をお借りして、
朝9時から、武相支部合同の練習会を行ってきていました。

 こういう世情だからこそ、合同の練習会は必要だと考えといますので、
たとえどんな環境でも、太極拳が行える場をまず、提供する、これであります。
そして、各会員の皆さまにおかれましても、毎日、5分でも10分でもいいので、
身体を動かす、「抜身筋骨」のどれか一つでも、繰り返し行う。
套路も、全門でなく、「基礎門15手」だけでも行うこと、
こんなお願いをしていました。

 1週間に1回の太極拳教室がほぼ、月4回、90分の練習です。
しかしその取り組み方は人それぞれでしょう。初心の頃は、
形も動きも判らず、本当に1週間に一回の練習時に行うだけ。
少し、形や動きを覚えてきますと、練習の前日とか、練習の前の時間とかに、
少しおさらいをするようになり、決まった時間に練習をする、
それを毎日行う、これも中々、、ということですね。
それでも、だんだんに、練習することも楽しくなり、どこが分からないのか、
ということも理解ができて、質問もできるようになってきます。
新しいことを覚えることに挑戦と、意気込んできた初心にまた戻り、
次のステージに上がってくださるようになります。

 新型コロナ騒ぎの余波で、この2年間、教室運営が難しい状況が
続いていますし、練習時だけの太極拳ではなく、自宅学習をお願いしても
上記のように、お一人では練習に実が入らないようです。
そこで、1回の練習時間を2時間に延長し、月3回、
1回は合同の自主練習会ということを原則とさせていただきました。
会員の皆さま相互でワイワイ練習を行っていただく時間や空間も、
大切にしていただければとの思いです。

 私が責任を持つのは月3回の2時間です。そこを適当に休憩の間を取りながら、
小架、大架の型式や散手や推手などを順繰りに、易しい覚えやすいものから、
少し難しい技に挑戦していただく内容です。内神道の技法を継続して覚えて
深めていただく計画を立てています。

 月に3回、残りの1回は、私の時間を頂くことにしました。
私の時間と言いましても、それを道場建設の時間にあてさせていただく、
と宣言しています。
それは、公共の施設をお借りしての練習は、このコロナ騒動で、
自前の道場を持たなければならない、という決意を固めさせてくれたからです。

さいわい、筑波の内神道本部道場を手本に、竹林に囲まれ、清水が湧く畑地を
借り受けることができています。
町田市の市街の中心から、ほど遠くないところに、竹林に囲まれた青空道場。
これをまず作りたいと考えています。

 その第一弾として、お米作りに挑戦しています。会員の方々、100人くらいが
自給できるお米と野菜、果樹や薬草も栽培する道場創りです。
練習の合間に、農作業を行い、半農半武道の稽古場を目指しています。
関東平野、首都の鬼門に位置します内神道関東総道場に対して、
首都逆鬼門に位置します我が武相道場創り。
現在、稲穂が揺れるミニミニ田園風景であります。

 長尾豊喜道長ご宗家から、昨年、96歳で逝去された林秀信賢老
が生前にいただいたカボスの種が、一会員さまのお庭で芽生え、
現在、4株が元氣に育っています。

 どうぞ皆さま、今はまだ夢物語ですが、武相支部の道場創りに、
ご一緒していただければさいわいであります。

芹ヶ谷カボス
芹け谷カボス

芹ヶ谷の春
芹ケ谷の春

芹ヶ谷の夏
芹ケ谷の夏

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年8月18日

カタカムナ 第八首

先週お休みをいただいている期間、雨の日が多かったですね。
夜中に雨が大降りになった途端、外から
「ゲコゲコゲコゲコーーッ♪」っと
雨の音にも負けない盛大な鳴き声がしてきて、
カエルたちにとっては楽しい雨なのかしら?
と思ったのでした。
蝉たちも日中は盛り上がっていますし、ひと夏のウマシタカ、
イノチの輝きを感じられました。

  第八首

 ウマシタカ
 カムアシカヒ
 ヒコ
 トコロ チマタノ
 トキオカシ
katakamuna8

所、巷の
時、可笑し
ではありません。
トキトコロに
瞬時に、
イノチが
発生します。
横縞なものも
縦前も
瞬時に浮かびますね。
感、考え、
浮かんでは消えです。

すべての生き物はウマシタカです。

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年8月10日

夏期休業のお知らせ

8月10日(火)~8月14日(土)までお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
※日曜・祝日は通常のお休みです。

蓬治療所

カテゴリー: お知らせ |

2021年7月21日

カタカムナ 第十三首

スヒチニ
ツヌクヒ
イモイククヒ
オホトノチ
オホトノヘ
オモタルイモ
アヤカシコネ
イサナミイサナキ
トヨカブシヌ
ウキフヌ
マカハコクニ

katakamuna13

「マカハコクニ」とは
今でいう「原子」という上古代人の直観であると、楢崎先生の解説です。
この首は、生き物、生命のナリタチのウタヒといいます。
われわれの肉眼では、原子も分子も、そして、細菌やウィルスすら見えません。
しかし、それが存在しているということは、科学というものの発展で、
アタマでの理解ということでしかありませんね。

物事の変化の原因、人体の変調の原因などなど、
電子顕微鏡というものの発明で、わかっているということでしかありません。

しかし、人は、教えこまされた知識という曲者で、いかようにも行動をする、
されてしまう、ということが、この間の世情を観ますと、理解できます。

宇宙と、その中に存在する微細なすべてのモノ、
これを「マカハコクニ」といいます。
見えない潜象から、人の認識に、インプットされアキラカになる現象化、
ウキしているものは、フたつの要素のヌによっています。

イサナミとイサナキ、膨張と収縮の繰り返しが、トヨの豊かさを産みます。
すべての存在(ネ)、アヤカシコネです。
ですから、人智を超えた営みに、アヤカシコネの崇める心も産まれるのですね。

これから千年も続いていけるよう、まず、一歩。
先人の智慧をしっかり学んで、受けつないでいきたいと思います。〔O〕

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2021年6月23日

カタカムナ 第十一首

イハフトヤネ
イキツチノワ
カタカムナ
アマノヒトタマ
カミサキサトリ
ニナタマノ
ワケツミ
イキコトマリノ
ワケヨミ

katakamuna11

物事には、
必ず
二つの側面があります。
どんな悪行も
それを支持するヒトにとっては
善であります。また、その逆もありですね。
コインの裏表、分けることのできない摂理なのですね。
ワケツミは、罪でなく、積み重ねの意。 
ワケヨミは、読みだけでなく、世の常と
カミサキサトリとしか、
いいようがないことです。
神の思し召しは、万事の中のほんの微細な
小ちゃな小ちゃな示しでしかないのです。

自分のイノチを、マスコミ報道を信じて
薬漬けにされ、銭儲けの企みに預ける方々。
静かな死が待っていますよ。
もう、救われません。 
しかし、
まだ、子供たちには、ワクチンが接種されていませんので
間に合うかかも。
けれど、
ここにも、ワクチン、ラクチンの母親共が存在しています。
アヤウシです。
何事も、極まり、極限にならなければ
認識には、のぼってこないのですね。
知ったときは、もう、手遅れ!
「予見」の習いをすべきです。

イハフトヤネ
イキツチノワ
カタカムナ
アマノヒトタマ
カミサキサトリ
ニナタマノ
ワケツミ
イキコトマリノ
ワケヨミ

生きこと、は、
マリのようにコロコロ転がり、休むことはない。
それは、「カ」からのワケなのです。
四方八方から、来ては返す、波の現れ、
ワケヨミであり、
そのかさなり、ワケツミとして、
イノチが、存在しています。

イキは生命、
ツチは物質、
それがワとなって、
固相でもなく、液相でもなく、気相でもなく、
渾然一体となって存在している。
われわれ人体も、その微細な細胞も、すべて
「イキツチノワ」というのです。

人間を欲に絡んで害を与える輩は、
浜の真砂は尽きるとも、尽きないもの。

これを世のコトワリと考えれば、
一回しかない生を、潤い深いものにしてくれています。
本当に、面白い時代に遭遇しています。

カテゴリー: お知らせ, ブログ |