蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

太極拳教室はこちら

よもやま話(ブログ)

2018年12月25日

年末年始休業のお知らせ

12月28日(金)~1月4日(金)までお休みさせていただきます。

カテゴリー: お知らせ |

2018年12月19日

蓬治療所実験室

右手の甲と左手の甲に筆ペンで文字を書く。

20181219_183214

右手をK社のボディーソープ、左手をZ社の石けんで別々に洗う
20181219_183404

両こぶしを洗面器の水につける
20181219_183748

右手は水が手の甲を流れて広がってしまうが左手は水をはじいている
20181219_183859

カテゴリー: ブログ |

2018年12月12日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.6

ついに第99回ピースボートクルーズ
最後の寄港地ハワイ・ホノルルを出港いたしました!
今現在、日本に向かって絶賛波に揺られております。
ハワイでは日本よりも19時間遅れていましたが、
今では日本よりも3時間進んだところにおります。(12月12日現在)

ちょっとしたタイムトラベラー気分を味わいつつ、
こういう所が船旅の面白い点の1つかなぁと思いました(^-^)

最後の寄港地ハワイでは意外にも下船して観光することなく、
船の中でゆっくりされているお客さんをよく目にしました。
下船をしなくても寄港地を感じることはたくさんできるようで、
こんな物を見つけましたよ(*・ω・)ノ
1544597524009
いつも賑やかな雀卓にそっと、この文字が作られていて面白いと思いました。

それから
これは船にいなければ見られない景色!
1544597531302

船から見た景色が陸から見たのとはまた全然変わって見えて素敵でした。
視界いっぱいに広がるホノルルの街は圧巻でした。

あとわずかになった船内生活を
もうすぐ家に帰れるぞとウキウキ過ごす人、
もう皆や船とお別れなのねとしんみりする人
それぞれの思いを抱きながら来週にはもう!日本です!!

99回クルーズの記念にピースボート限定Tシャツを着た
美容師さんのお写真を撮らせていただきました!
1544597528512

ちよりん

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年12月5日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.5

パナマ運河を通航してから、
ペルー、グアテマラ、メキシコと寄港しました。

中南米、楽しみにしていたおいしいお料理を紹介したいと思います。
まず、ペルー。

ペルーについて一番最初に食べた『カウサ』という
一見ケーキのようなきれいな外見。
もちもちしたジャガイモをマッシュポテトにして
レモンの酸味を効かせて、その間に茹でた鶏肉と
アボガドのサラダをサンドしてミルフィーユのようにしたサラダ。
1543930506026

そして『セビーチェ』、シーフードのサラダ。
一口大にカットした魚介をたっぷりのライムでマリネしています。
1543930499370

お店によって唐辛子や香草のアクセントの違いはありますが、
基本的にしっかりとライムの酸味が効いていて、
添えてあるオレンジ色の甘ーいジャガイモがよく合います。
1543930512185

ジャガイモの種類だけでも3000種類あるそうで、
一般家庭でも100種類のジャガイモを料理によって使い分けるんだそうです。

グアテマラ
今年6月にフエゴ火山が噴火したニュースがあり、とても心配していました。
未だ1万人以上が避難所生活を強いられるなど、ピースボート内でも
その被害が報告されて、たくさんの募金が集まっていました。
港から街へ向かう道中では、その噴火の被害や、
猛烈な勢いで復興している様子、目の前で何度も黒煙をあげる火山を
目の当たりにしました。
1543930517572

1543930521097

旧市街アンティグアで入ったお店は目の前でトルティーヤを鉄板で焼いています。
サービスで飲める穀物でできたジュース。
少しトロっとしていて甘いジュース。
1543930534580

植木鉢のような素材のお皿で運ばれてきた、お料理はそれぞれ
グリルチキン、チョリソー、ポークなど。
1543930524256

予想外に野菜がしっかり食べれてました。1人$5でお腹いっぱい。
レストランは中庭になっていて野鳥が自由に出入りしていて、
お客さんが立ち去った後のおこぼれに食べにやってくるのが
微笑ましいレストランでした。
1543930530417

メキシコ、マンサニージョ。
市場に行く途中のフードコートのような庶民的なところでランチ。
ここで働いているのは主に女性達で、私たちが座ったお店は
小学生と思える女の子がしっかりウエイトレスをしていました。
タコス、シーフードスープ、エビのガーリックソテー、飲み物を付けて1人$6。
料理と一緒にライム、青唐辛子、塩が来るので自分で味を調整して食べます。
1543930537774

タコスなど手で食べる料理は私にはとても難しいです。
何枚もティッシュを使って最終的にテーブルの上がティッシュだらけに。
一緒に出掛けたインドネシアの友人は
『手で食べたほうがおいしいよ~』
器用にぱくぱくと片手できれいに食べていて感心するのです。

スペイン語圏もここでお別れ。
おいしいものを食べたい私たちのスペイン語は食事に関して
確実に向上しました。
そういえば代々受け継がれているアママのスペイン語の本も
食事のところにたくさんマークしてあったなぁと(^_-)

アママ村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年11月20日

大久保を食べ尽くす vol.2

不定期開催と言いながら、意外にも好評をいただいたため
急遽第2弾が決まりました、
大久保を食べ尽くす vol.2をお送りいたします
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

今回行ったのは、
大久保駅より徒歩20秒くらい、蓬治療所からは徒歩2分のとっても駅近な
興福樓さんです(o^^o)

今回いただいたのは・・・

★海鮮刀削麺
★角煮刀削麺
★酸辣刀削麺

今回も紹介動画を用意しました。
どうぞご覧くださいε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

カテゴリー: お知らせ, オススメのご飯, ブログ |

2018年11月14日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.4

前回のアイスランドから2週間で
季節は冬から秋、そして夏へ逆戻りしました。

11/6 ジャマイカ、モンテゴベイ。
気温31度。外にいるだけで汗が出てくる気温です。

ジャマイカで外出するのは6年ぶりで、
今回はさんざん治安が悪いと警告を受けていたので、
ドキドキしながら外出しました。

ゲートでタクシー運転手さんと交渉しながらも、
(運転手さんが迫力があって怖そうに見える。。。)
タクシーの中でノリノリのレゲエが流れてても、
(音楽も上の空。。。)
メンバー全員ドキドキ。

有料のビーチは観光客がいっぱい。
開放感があって、太陽に透明な海がキラキラしています。
深くなった桟橋の下には彩とりどりの大小さまざまな魚たち。
イソギンチャクは触れるとぎゅっと握り返してきます。
IMG_7124IMG_7125

帰り道、運転手さんに珈琲が買いたいと友人が言うと
『オッケー!いいところがある』
と進路を一気に山道へ。
『そんな遠くじゃなくて、近くでいいからーーー』
(誘拐されるかも←!※誘拐事件もあると警告を受けていたので)
とみんなで抗議するも
『3分で着くよ』
(ホントに3分で着きました)
到着した山の上のお土産屋さんからは
さっきまで泳いでいたカリブ海と飛行場が目の前に広がっていました。
IMG_7126

タクシーが港に着いてほっとしながらも私たちは、ひそひそ作戦会議。
『最初に決めたお金を払ってさっとゲートの中に行こう、
余分なお金は見せちゃだめだよ』
『thank you』とお金を渡して去ろうとすると
『wait』
『え?何?やっぱり何か起きるの?』と怯えると
『Take photo!』ホームページに乗せる写真を撮ろうと、笑顔で。

『ジャマイカに友人が来ることがあったら僕の会社のタクシーを使ってね』
と名刺を数枚もらい、笑顔で別れました。
普通に良い人でした。

彼は私たちの表情がずっと硬いことに気づいていたのでしょうか?
そんなこと気にしていたなかったのでしょうか?
IMG_7127

短い寄港時間では、数時間の滞在でその国、
その都市の印象が決まってしまうことがあります。
もちろん逆に私たち日本人の印象が悪いこともあるかもしれません。
過去には
メーター制のタクシーに乗車して、15分の乗車で100ドル請求されたことや、
降車時に人格が豹変し再度値段交渉してくるドライバーさん、
タクシーにまつわるネガティブな思い出はいくつかあります。

タクシーに乗った時は運転手さんとたくさん会話して、仲良くなることや、
日本のお菓子の差し入れをするなど技が増えてきました。
必要以上に値段交渉しずぎない事、
怪しい時は口約束ではなく紙に書いてもらったり。

『私は途中であの人の目を見た時、悪い人じゃないと思ったよ』
と、一緒に行った友人。
(私は最後の最後まで信用しきれていませんでした)
大事なのは人を見る目を養うことと、人と良い関係を作ること。
これから訪れる寄港地でも、人との出会いを大切にしていこうと思います。

11/9にパナマ運河を通航して太平洋へ。
おなじみの海に出ました。
寄港地も残すところあと4つ。
お客さんとも
『もう旅の終わりが見えてきて寂しい』
という会話がぽつぽつ出始めました。

アママ 村松

IMG_7128IMG_7130

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2018年11月7日

大久保を食べ尽くす vol.1

不定期開催企画

大久保を食べ尽くす!!
第一回目は、新大久保駅前にある韓国風ホットドック
「88ホットドック」です。

治療所スタッフみんなでいただきました!
動画にまとめましたので、ぜひ見てください↓↓↓

カテゴリー: オススメのご飯, ブログ |

2018年10月31日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.3

日本を出港して約2か月、クルーズも半ばを過ぎました。
3週間ぶりの船からのレポートはこのクルーズのハイライト、
オーロラ遊覧について。

アイルランドからアイスランドに向かう4日間、オーロラベルトに入り
オーロラ遭遇のチャンスがやってきます。
陸からのアプローチとは違い、船にはオーロラナビゲーターが乗船し、
オーロラレーダー、雲の晴れ間、波の状態などの条件をもとに
オーロラを求めて船はぐんぐん進んでいきます。

結論からいうと今回のオーロラ遊覧中は気象条件が悪く、
白に少し緑が混じったふわっとしたオーロラが何度か見えた程度に終わりました。
白いオーロラはカメラに通すと緑色ですが、肉眼では白いので
雲に見えたり、人によっては見えなかったり。

私も感度の良いカメラを持っている人の近くにいって、
写真に写った緑の光を確認してまた空を見るといった具合です。
1

船はオーロラを求めてアイスランドの北へ。
アイスランドをぐるっと一周したので、
昼間は2日間アイスランドのフィヨルドや雪山を遊覧し
アイスランドの大きさや迫力を体感。
2

10/22、アイスランドの首都レイキャビック寄港。

曇り、時々雨。気温4℃。
今回はそんなわけでオーロラ欲を満たすため、
私たちはオーロラミュージアムへ。

オーロラは太陽から放射された帯電微粒子と大気中の窒素や
酸素の粒子が衝突して発光すること。
色は衝突する高度や原子粒子によって変わるとのこと。
基礎知識を学んだり、
3

アイスランド各地で撮影された美しいオーロラの映像を
ごろんと横になって観賞したり、
3-2

オーロラの発光が強い時には街中でも満月の明かりの下でも
オーロラがしっかりと見えています。

夏は白夜、冬はその反対。
厳しい自然環境と豊富な自然資源の中でたくさんのセンスの良い生活用品、
アートや音楽が生まれる国。
地熱利用と水資源が豊富、土地も広いので
電気、水道、土地代がものすごく安いので郊外にセカンドハウスを持つ人も多いとか。

◇おまけ◇
レストランの洗面所、蛇口からはほっかほかのお湯。
硫黄の香りがほんのりして肌当たりもとても良かったので、
店員さんに尋ねると
『温泉がそのまま出るの、サービスウォーターは温泉を冷ましたものよ』
って誇らしげでした。
4

5

アママ村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年10月10日

【99回クルーズ】ピースボート便りVol.2

9/26にスエズ運河を通過し、ヨーロッパに入りました。
ヨーロッパに入ると19日間で12寄港地を巡る寄港地ラッシュです。
アママにマッサージに来た人に、
「10日振りですね」と言うと、
「え、まだ10日?もう2、3ヶ月経った感じがする!」
というような感覚で時間が流れています。

9/29
長かった洋上がようやく終わってヨーロッパ最初の寄港地。
ギリシャ、ピレウス。しかし、雨、20℃。
しかも地元の人も初めてというくらいの横から吹き付ける雨。
街中に水が溜まり、大理石の床はいつも以上にツルツル滑ります。
雨向きではない都市のようです。
でも、湿度が高いおかげでパルテノン神殿のふもとの松の林からは
深い森林浴のような深い緑の香りがして自然と呼吸が深くなります。
いつもカラッと晴れているこの街の貴重な雨の日を経験をすることができました。

10/3
クロアチア、ドブロブニク。晴れ。
ここは『魔女の宅急便』や『紅の豚』の舞台としても有名な
アドリア海の城壁都市のある港街。
海の色は青いガラス瓶のような透き通ったブルー。
IMG_6603

昼間はボート遊覧で城壁都市を海から眺め、
日が沈む時間には崖っぷちのカフェで
大勢の観光客と沈む夕日を眺めていました。

静かにお酒を飲んでいる人、夕日と一緒に写真を撮るためのベストスポットに並ぶ人、
崖から海に飛び込む人と、海にはサンセットカヤックツアーの集団。
こんなにゆっくりと夕日を待ったのは久しぶりです。
IMG_6602

夕日がきれいに水平線に沈む瞬間にはチカッと太陽が緑色に光るグリーンフラッシュ。

10/4
モンテネグロ、コトル。晴れ。
アドリア海から続く細い水道の先にロブツェン山が迫る、美しい湾の港街。
IMG_6604

バスに乗ってプレストという街へ。
目的地は海の上に人工で作られた島に建てられた『聖母マリア教会』。
街からボートで3分この島に渡ります。

そしてその隣にある島、聖ジョルジェ島は修道僧のみ渡れる島ですが、
ベックリンの描いた“死の島”のモデルの島。
(左が聖ジョルジェ島、右が聖母マリア教会)
IMG_6606
聖母マリア教会
IMG_6607

棺を乗せた小舟が島に向かう“死の島”の絵は、
安らかな死を迎えると象徴として
20世紀半ばとても人気があったそうです。
その時代の人達を想像していたら燦燦と太陽を浴びながら
カヤックがこの島の横を通り過ぎていきました。
IMG_6609

まだ夜明け前の青い空気に包まれたこの島の横を船が静かに通るとき、
深く何かを祈っているような本当に美しい時間でした。
何枚も撮った昼間の明るい風景よりも、
写真に収めていない静かなこの朝の風景の方が強く印象に残っています。

日本との時差は7時間。
気温は20~25℃、晴れた日は日差しが強いので
寄港地では半袖で過ごせるほどです。
船はまもなく地中海を抜けて大西洋に入ります。

アママ 村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2018年10月2日

臨時休業のお知らせ

10月2日(水)、3日(木)は社員研修のため、
治療院の営業はお休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

蓬治療所

カテゴリー: お知らせ |