蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

よもやま話(ブログ)

2018年2月28日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.5

2/13 サウンド遊覧デー

今回のクルーズの見どころの一つである、ミルフォード・サウンド遊覧。
南島と北島に分かれたニュージーランドの南島の南西部に位置し、
フィヨルドランド国立公園内にあります。

早朝からパイロットが乗り込み、5つのサウンド(フィヨルド)の遊覧が始まります。
1年のうち200日が雨という地域です。
朝7時、小雨の中モノトーンの世界でしたが、船の近くにイルカが何回も現れてくれました。
IMG_1044

14時頃、最大の見どころのミルフォードサウンド。
タイミングよく空も晴れ、迫力ある絶壁の山々を見上げます。
ピースボートの他にも小型の遊覧船がいくつも出ていて、
IMG_1042

対比するとその大きさが良くわかります。
ど真ん中をいくピースボートに対して、小さな遊覧船は滝の真下へ。
降雨量が多いのであちこちから滝が流れ落ちています。
目の高さが違うとどんな風に見えるのかなーと想像します。
IMG_1041
このフィヨルドランド国立公園にあるミルフォードトラックは、
世界で一番美しいトレッキングコースとして知られています。

ニュージーランドの大自然を満喫するには、
キャンピングカーを借りてそこで寝泊まりしながら旅をするのがお勧めと教えてもらい、
いつかそれを実現したいと忘れないように日記に書きました。
IMG_1038
船は毎日移動し、違う海を航行します。
船内ではイベントも盛りだくさん、2,3日おきに寄港し、
過去の記憶がどんどん塗り替えられます。
色んな事があったはずなのに、数日前のことを思い出すのにも苦労します。

一昨日、再び赤道を超えて北半球に戻ってきました。
帰国まであと1週間。
夜明けの傾いた南十字星を見て、
この星を眺めるのも今日で最後かなと旅の終わりを感じる朝の始まりです。
IMG_1037

おまけ;
ニュージーランドは動植物の検疫がとっても厳しいです。
入国の際、イヌによる持ち物検査があったのは初めての経験でした。
IMG_1036

アママ 村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年2月21日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.4

日本を出港して1ヶ月、約2週間でオーストラリアの5つの港
(フリーマントル、アデレード、メルボルン、タスマニア島・ホバート、シドニー)
に寄港しました。
40度超の暑さと聞いていた夏のオーストラリアですが、
お天気によってはセーターを着る寄港地もあったくらいでした。

オーストラリアの国旗にはユニオンジャック、
街並や地名、文化にイギリスを感じるところも多く感じましたが、
フィッシュアンドチップスはイギリスのものよりも
オーストラリアの方が断然美味しかったです!
新鮮なお魚は身厚でふわっとしていて、
ソースもチリソースやタヒニソースなどお店によってさまざま。
(@フリーマントル↓)
4-1

(@タスマニア)
4-2

大都市でも街路樹は大きく茂って木陰を作り、身近に広々した公園があります。
お昼の時間になるとオフィスワークと思われる人々が
ランチを持って公園にやってきます。
オーストラリアでは芝生の上にシートを敷いて
ごろごろしている人を沢山見かけました。
緑や土が都市で生活する人の心身のバランスと取ってくれているようです。
(メルボルン市内の公園)
4-3

(公園でチェスをしている人たちも・・・)
4-14

私もオージーに倣ってテイクアウトで軽食を買って、
公園で一休み。
(↓ラップサンドと水で$12≒1100円。オーストラリアの食費は本当に高い!)
4-4
芝生でごろんとすると本当に気持ちよくてそのまま少しお昼寝。
普段はいくら寝ても寝たりない私ですが、
30分ほどのお昼寝でスッキリと目覚めました。
大地に受け止めてもらうのが一番のようです、よくわかりました。

さて、オーストラリアでは楽しみにしていた、タスマニア。
野生動物を保護しているボノロング野生動物公園へ行きました。

ここは怪我や病気が原因で保護された動物たちが暮らしています。
動物たちのいる囲いが低く、遠くの景色と一体となっている開放感のある動物園です。
IMG_0939

オーストラリアならではの動物達に一気に会え、テンションが上がります。
ここの動物は人に懐いているので触ったり餌をあげたりすることもできます。
4-54-7
4-64-8

園内のガイドツアーに参加して、
タスマニアデビルには癌が蔓延していて絶滅しかかっていること、
交通事故にあった野生動物を見かけたら
おなかのポケットに子供がいない確認すること、
コアラの脳はクルミ大の大きさで1日のうち20時間が睡眠時間、
触れる時はコアラはお尻を、ワラビーは胸を、、、
など教えてもらいました。
4-12

オーストラリアは独自の進化を遂げた生き物の多様性が豊富な国ですが、
生態系の破壊は止まらず、毎年世界で絶滅してしまう種類の5~10%は
オーストラリアの固有種との事。

動物や珍しい植物たちに触れ、
人人人(多様性は豊富ですが)のピースボートの毎日の中で
ほかの生き物たちの目線で物事を測ることを教えてもらえたオーストラリアの2週間でした。
4-94-11
(シドニー郊外の街中のサイン)

アママ 村松

★オマケ★
アデレードの郵便局
4-13

アデレードの図書館
まるでハリーポッターの世界!!
IMG_0933

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年2月7日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.3

ピースボートの船体に新しくロゴが加わっています。

1517993589632

1517993571077

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)はオーストラリアで発足し、
昨年ノーベル平和賞を受賞し話題になりました。
ピースボートも国際運営団体としてかかわっています。

船内には広島出身の被爆者の方、
福島県飯館村で酪農業に携わる方、
オーストラリアの先住民で核実験の被害にあった方、
ICANのディレクター、
ジャーナリスト 
が水先案内人として乗船されています。

福島原発関連のドキュメンタリー映画、
報道の減る被災地の現実、
日本以外での核被害についての講演、
ICANの活動報告など
日本のTVや新聞、雑誌などでは報道されない、知りにくい現状を
それぞれの専門の方や関係者から聞く企画が連日催されています。

私は自分の生活にきちんと責任を持っているのだろうか、
自分がその立場に置かれた時にどんな行動がとれるのか、
日常生活から離れ、国も価値観も立場の様々な人との距離が近い
ピースボートの生活ではいつもこのことについて考えます。

そして1/31、皆既月食。
21時ごろメルボルンの夜景を背景に昇ったきれいな満月を見て気分が高まります、、、

1517993596049

奇跡的に23:50に目を覚まし、デッキに出るとまさに月食中の赤い月。
月の周りの星たちもキラキラと輝く満天の星空。

その日はなんとなく寝苦しく、月食の時、
妊婦さんは外出禁止というインド人の話を思い出していた夜でした。

150年に一度の月、ずっと記憶に留めていたいと思います。

アママ 村松

*オマケ*
★タスマニアデビル
1517994959149

★ウォンバッド
1517994936233

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年1月31日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.2

オセアニアクルーズ、3つ目の寄港地はインドネシアバリ島でした。
オーシャンドリーム号にはインドネシア出身の船員(クルー)が
全体の半分くらい働いています。
バリ島寄港の前夜にはインドネシアクルーによる40名による
バリの伝統舞踊『ケチャ』が披露されました。
普段は制服を着てホテルサービスや厨房で働く彼らが
魅せるバリ舞踊ができることに毎回感心します。
それに比べると日本人にとっての伝統文化は
日常生活から離れたところまで行ってしまったように感じるのです。

アママの窓からのバリ島ベノア港への入港の様子。
近くに街が迫ってきて、青い海にオレンジ色の屋根が映えます。

IMG_0677

さて、バリではタクシーの運転手さんに勧められるままに色々回りました。
半ば強引に連れていかれたコピルアックが飲めるカフェ。
コピルアックはジャコウネコという動物が食べた珈琲の実が、
消化され糞として出て来た熟成された珈琲豆から作られる珈琲で高級な珈琲です。
一通り見学して珈琲を注文。

IMG_0686
(「コピ」とは、コーヒーを表わすインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地の呼び名
  日本ではルアックコーヒーと呼ばれることが多いそうです )
IMG_0684
(ジャコウネコの糞)
IMG_0685
(左:糞から出てきたコーヒー豆 右:普通のコーヒー豆)

珈琲と一緒にフリーで沢山のハーブティーが出てきました。
肝臓の機能を高めるもの、心臓を丈夫にするもの、癌を予防するもの、、、
基本的にお砂糖が入っていて甘いのですが、
身近な食べ物で体の健康を維持するという考え方は興味深いです。

IMG_0679

もっと興味深かったもの。
飲食店やお土産屋さん、色んな所にお供えを見かけました。
1日3回神様にお供えをするのだと教えてくれました。
ここはカフェなので小さなコーヒ。
お花、お米、お菓子、タバコ、おままごとのセット用に
きれいに手作りされています。
こうやって心を込めて神様にお供え物をする時間を、というのは
生活の中でとても尊い時間に感じます。

IMG_0680
IMG_0681

バリを出港して南へ、オーストラリアの南西フリーマントル港を目指します。
海の色はますます明るい青に、太陽の日差しはどんどん熱くなります。
南下に伴い波がうねり船はまた揺れ始めました。今回のクルーズはよく揺れます。

今朝は晴れ渡りクルーズ初めてのきれいな日の出が見れました。
IMG_0682

細かい波しぶきで手すりやデッキはぬるぬるに、
外にいる少しの間に身体がしょっぱくなります。
雲のない夜空には天の川、夜明けには南十字星が美しいそうです。

船はまもなくオーストラリアに入港します。

アママ 村松

オマケ
♥ジャコウネコ♥

IMG_0683

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年1月24日

【96回クルーズ】ピースボート便りVol.1

96回クルーズ、横浜を出港して1週間が経ちました。

船の揺れもようやく落ち着き、海の色は群青色、
気温は徐々に上がりじとっと汗ばむ陽気になりました。

さて、今まで10Fにあったマッサージルームアママは、
オーシャンドリーム号の展望大浴場の増設に伴い、
今回から7Fの後方に引っ越しすることになりました。
1/7の出港前日には蓬治療所総出で引っ越しを行いました。

引っ越し作業がひと段落して治療所メンバーでみんなでお昼ご飯
1516766362853

ニューアママをお見せしたいところですが、
諸事情により只今、アママは客室にて仮営業中です。

海の見えるアママ、患者さんからも好評です。
1516766365986
廊下にちいさな待合室も作ってもらいました。
1516766370403

今回のクルーズは約1000人のお客さんのうち8割がリピーターさんです。
クルーズは始まったばかりですが、
みなさん船内生活には慣れていて船内の様子は
船旅が始まってまだ1週間しか経っていないという感じがしません。
そして私は久しぶりに再会するリピーターさんとの近況報告が嬉しい日々です。

船は本日お昼過ぎに赤道を通過し、次の寄港地、インドネシアのバリ島に向かっています。
1516766373858

アママ 村松

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年1月17日

ピースボート便り~番外編2 ニューイヤークルーズ~

皆さまこんにちは。
昨年の12月28日から1月5日まで、
横浜港往還、台湾、宮古島寄港、8泊9日の
「ピースボート2018ニューイヤーイヤークルーズ」の
旅でした。

仕事は、さっそく、出航翌日の29日、
午前9時15分から、約500人収容できる
「ブロードウェイラウンジ」という船内ホールでの
講座でした。
 「ピース・ボディーへの道」という定番のテーマで、
日常のくらしや仕事、また、職場や地域での社会的貢献など、
その仕事を成就するためには、ご自分の健康な身体が
保証されてのことでしょう。それにはまず、
東洋の養生医学を基本にした、
「自分の健康は自分が主体となって管理しよう」
ということが、話しの主旨でした。

横浜を出港し、いきなり外洋でしたので、
今回はじめて乗船された方には、かなりの揺れる船旅、
船酔いの洗礼が待っていたようです。
船酔いで会場に来られない方も多数と聞きました。
また、来られていても、かなりのむかつきを
我慢していらっしゃる方もお見受けしましたので、早速、
船酔い解消のツボの紹介と実技講座となりました。

 前腕内側の手首から指二本上、筋と筋との間のくぼみ
『内関』のツボ押しでした。また、前腕内側、『心包経』、
肘の内側から手首までのコリをほぐすことも
行なっていただきました。

 ご自分で、自分の手や腕をほぐしていただく、
これは「手当て」の基本となりますね。そして、
ほぐれてやわらかくなった手を今度は両隣の人と
お互い手を揉みほぐし合っていただきましした。
 両手で握手をしながらの自己紹介、その後、
前後左右斜め前後の方、周りの方8人の方々との
握手、紹介し合いをしばし行なっていただき、
短い船旅のスタート時に、旅の道連れ、交流会となりました。

その翌朝、6時からは太極拳の指導でした。
天候がよければ後方デッキ広場での指導でしたが、
これは元旦と2日をお休みにして、計6回、
早朝30分の指導でしたが、天候が不順で
外は2回だけで、後は「ブロードウェイ」で行いました。

ピースボートの初めての仕事は前回も書きましたが、
2001年1月の第32回世界一周クルーズからでした。
 その時、私は1月16日から28日まで、晴海から
シンガポールまで乗船しました。
「太極拳と船内施術所の企画運営」の試験航行でありました。
初めての世界一周の担当は、現在、故郷で鍼灸院を
開業されているsさんです。
暗中模索の新規事業の立ち上げに、大変なご尽力をいただきました。
 それといいますのも、このクルーズは、途中、
ケニアのモンバサで、チャーターしていた
ウクライナ船籍の「オリビア」号が機関故障で、
航行不能となったからです。そして、代替船が来るまでの約3週間、
ケニアで足止めという事態に遭遇したのでした。

 内神道太極拳の普及を目指しての指導は
朝6時からの「おはよう太極拳」と、午後10時からの
「おやすみ太極拳」の1日2回の時間割を担当して
いただいていました。ケニア滞在中も変わりなく指導
いただいていました。
そして、鍼灸施術所(当時は「スミカ」の名称)の
営業と文字通り、八面六臂の活動だったと思います。
 当初、約3ヶ月の船旅の予定でしたが、
代替船「ルーシ」号が来て、ケニアを出港できたのは
2月27日でした。それで、5月8日の帰港まで通算しますと、
全113日間の船旅になっていました。
私もまた「ルーシ」に、4月18日、タヒチから、
5月8日の晴海まで、初めて『水先案内人』としての仕事での
再乗船でした。
 今から考えますと、新規事業の立ち上げとはいえ、
よく、述べ3週間も日本での仕事を代行していただけたなと、
今さらながら、感謝の思いです。

そのお蔭で、第32回クルーズを契機に、今日まで、
17年間、ピースボートを裏方として支える仕事を
いただいています。

 今回のクルーズではその時、お客さんで乗船されていた方、
お二人、MさんとKさんとの再会でした。それで、毎晩、
船内居酒屋「波平」で、看板まで話が尽きず、台湾も、基隆や
台北もご一緒させていただきました。
 1100人の方の乗船でしたので、「水先案内人」の方々も
多彩で、自分の仕事にかぶらない範囲で「水案」講座を
聴講させていただいていました。

『小林カツヨ伝』(文藝春秋社刊)の中原一歩さん、

『ドキュメント・長期ひきこもりの現場から』(洋泉社刊)を
 執筆された石川清さん。

『対論集・人類滅亡を避ける道』(東海教育研究所刊)の
 関野吉晴さん、そして、

舞台『イシノマキにいた時間』の第100回目公演を
船旅の最後の日の4日に演じられた
福島カツシゲ×石倉良信×田口智也のお三方などのステージのお話、
特に、中原さんや福島さんは第32回に一緒の空間を共有して
いましたので、その方々とのお話だけでも書き尽くせないところです。

はなはだ、尻切れトンボの感がありますが、今回のクルーズの
報告は『風邪』という最強の敵の襲われての帰港となり、
やっと、退治できたようですので、ひとまず、
終わりとさせていただきます。(N)

第32回クルーズのレポート(ピースボートHPより)↓
http://peaceboat.org/oldsite/cruise/report/32nd/apr/0421/ship01.shtml#0421_4

追記;基隆は第32回が最初でしたので、下調べしていた
台北の武道具店を探しに探して、当時の治療所スタッフSさんと
台北中を駆け巡りました。
そこで購入した木製の剣はSさんとともに世界一周をはたし、
今、ハラッパ蓬の道場で皆さまの「採の手」で、振り回して
いただけることを待っていますね。

以下写真は今回、基隆の屋台にて↓
ohosawa2018-1

ohosawa2018-2

ohosawa2018-3

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2018年1月15日

ヨモギランチ~七草がゆ~

2018年1月15日(月)

新年最初のヨモギランチは祝日も重なったため、
第3週目の月曜日となりました。

新年の恒例、、院長が町田で採取してきた野草を中心に
七草がゆをしました。

yomogilunchi20180115-2

yomogilunchi20180115

今回は午前中に治療に来ていたFさんにもご参加いただき、
アイロリ、スタジオMなどのご近所さんたち8名の参加者で
行ないました。

大量のセリをみて
「最近野菜が高いよねぇ」

「葉ものはとくに高くて買えないよね」

「セリも採ってきたら売れるんじゃない(笑)?」

などワイワイと野草をみて話もはずみます。

さて、次回は2月5日(月)12時~
春節を祝う
“(皮から作る)水餃子”の予定です。

おかず持寄り、または300円の参加費です。
どなた様でもお気軽にご参加お待ちしています(*^_^*)

カテゴリー: お知らせ, ヨモギランチ |

2018年1月10日

ピースボート便り~番外編1 ニューイヤークルーズ~

番外編
~蓬院長のニューイヤークルーズ乗船記1~

新年明けましておめどとうございます。
今年も、本メールマガジンをご愛読いただき、
日々の健康生活の糧として、お役にたてていただければ
さいわいに存じます。

 さて、私は昨年の12月28日から1月5日まで、
横浜港往還、台湾、宮古島寄港、8泊9日の
船旅の仕事で、年越しは基隆の港でした。
 お正月を船旅で過ごし、新年を台湾で迎えるクルーズは
ピースボートはじまって以来の企画でした。
お客さまは、当初の予想に反して、大人気で、
1,100名を超える申し込みがあったそうです。
 お客様の割合は、60歳代以上が6割、また、
お子様、お孫様連れの家族での乗船される方も多数。
また、リピーターの方も約6割ということでした。
それで、短いクルーズの最初にお客様同士の
絆を深め、楽しい船旅になるようコーディネートして
ほしいという依頼でありました。
 クルーズの初日、午前の講演をまかされました。
また2日を除く、毎朝6時から、太極拳の指導、
東洋医術による健康講座、運動不足解消、コミュニケーション
スポーツとして、綱引大会の実施などなど、
のんびりとした船旅は期待のできない依頼でありました。
 ピースボートがチャーターしている船は
1981年にデンマークで建造されたオーシャンドリーム号です。
多数のホールやラウンジを備え、三つのプール、
二つのジャグジーを含むデッキスペースでも
ゆったりと過ごすことができる本格外航客船です。
・総トン数 35,265トン ・全長 205メートル 
・全幅 26.5メートル ・喫水 7.5メートル 
・乗客定員 1422人
・フィンスタビライザー(横揺れ防止装置)装備
・運航会社:シーホークコーポレーションリミテッドインク
という、パナマの船会社です。

今回のクルーズに乗船したのには
もう一つの理由がありました。
蓬治療所では世界一周の船旅のお客様ケアーの
ために、出張治療所を開設しています。
『アママ』という名前の船上鍼灸マッサージ施術所です。
この仕事は2001年1月の第32回ピースボート
世界一周クルーズから営業がはじまりました。
当初はNGO であるピースボートを企画している
青年たちが、昼夜の区別なく働き、体を酷使していたので、
東洋医学面から、自分たちの健康管理をしていただくよう
ケアーをはかること、これが一番の目的でした。
船を降りても、身体のケアーに鍼灸をまず、
利用していただけるような宣伝の意味合いもありました。
以来、何度も船は変わりましたが、スタッフばかりでなく、
お客さんの「癒やし所」として、
『アママ』の名称は親しまれてきています。
 これまで、前方10階にあったのですが、7階船尾デッキに
オーシャンビューの露天風呂が新設されることになり、
その一角に『アママ』も移転することになりました。
それで、その工事の進捗状況の視察も兼ねての
乗船であったわけです。
 さて、そんな仕事で年末年始を日本からはなれましたが、
そのエピソードは次回とさせていただきます。

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り |

2017年12月27日

ルン・ルアン(大久保のオススメ、お店紹介)

新大久保駅改札をでて左に進むとすぐに皆中稲荷神社があります。
別名、百発百中神社と呼ばれており、お参りすると
ギャンブル運があがるとかあがらないとか・・。
小さな神社ですが、人の出入りは多いようです。

神社の角を左に曲がってまっすぐ行くと、十字路に出ますが、
そのまま真っ直ぐ進みます。
お店あるのかな?という雰囲気ですが
右手に中古自転車屋の「安藤ガレージ」
その少し先の左手に3店舗並んで
タイ・アジア料理レストラン「ルン・ルアン」があります。

IMG_1147

IMG_1149

IMG_1155

一番手前はハラルラーメン店、
真ん中は貸し切りもできる宴会場
一番奥はお弁当を販売したりしているスペース・・と、
不思議な作りです。

院長の撮影してきたメニューの一部↓
IMG_1154

IMG_1156

IMG_1153

タイ料理は大久保ではクンメーが有名ですが、
ルン・ルアンは店主のマリさんとお話するだけでも楽しいと思います。
テンションの高さにビックリするかもしれませんが~(笑)
大久保にお越しの際は是非、お試しください(^_-)

カテゴリー: ブログ |

2017年12月25日

メリークリスマス

蓬治療所の(自称)看板ネコ(*^_^*)
こんなの着せられてるニャ。

nana201712

サンタのクリスマスプレゼントかニャ?
玄関にクスノキのステキな椅子が置かれてるニャ。
靴を履くときに使ってくださいニャ~。

isu201712

カテゴリー: ブログ |