蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

ブログ

2017年6月21日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.4

ただいま船は、ヨーロッパを過ぎ、
中南米へと向かい航行しています。

船旅も中間地点を過ぎ、飛行機の旅とは違う、
まさに船旅ならでは!というものをいくつか発見しましたので
少し紹介をしていきたいとおもいます。

今回のクルーズで、目玉の1つでもあったセーヌ川通船。
IMG_8247

古都ル・アーブルからルーアンまで進み、観光をするというもので、
これはピースボート初の試みだそうです。

川縁にはオモチャのような家が沢山並び、
緑も綺麗で、お客さんからも大満足の声が沢山聞かれました。

セーヌ川を見ることはあるかもしれないですが、
セーヌ川から町並みを見て、変わりゆく景色をぼーっとみるというのも
船旅ならではの贅沢だと思いました。

そして、ヨーロッパ最後の寄港地アイスランドを過ぎて、
船は北極圏に入りました。
北極圏と言うのは北緯66度33分のことをいうそうで、
その近辺では氷山がいくつもありました。

IMG_8248

景色が良いところに少し停泊したので、写真タイムと思いきや・・・
ボートが1隻、氷山に向かって行きます。
IMG_8249

何かと思っていたら、クルーがその氷山を持ち帰ってきました。
船内のbarでその氷山の氷をお酒に入れて飲む事が出来るという
何ともお洒落な催しがあったようです!(有料で)

なんとも粋な計らいで、これも船ならではだなぁと感心しました。
(味は少々しょっぱかったとか普通だったとかなんとか。)

また、何回も乗船しているリピーターの方に船旅の良さを聞くと、
共通しているのはやっぱり楽!と言うことです。

ゆっくり寝ることができて、起きたら荷物を置いたまま、
手軽に観光できるというのはとても楽だそうで、
年配者の方になるほど「それがやっぱり良いよね。」とのことでした。

さらに、何といっても時間、場所、気候によって
全く違う顔を見せる海はやはり素晴らしいものがあります。
写真ではなかなか伝わりきらないのが残念なところですが。。(>_<)

こんな船旅ならではのことがまだ沢山ありますが、今回はこの辺りで。

船はもうすぐ寒い地域を過ぎて
暖かい地域に入るそうです。
真冬→真夏に突然変わるのも船旅ならではかもしれません。

ではまた。

アママ小林。

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年6月7日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.3

船は今、ヨーロッパ~北欧を
航行しています。

ヨーロッパは国と国の間隔が近いため、寄港地がかなり続きます。
4日間で4ヶ国をまわるなんてこともありました。

楽しい反面、お客さんも頑張りすぎるようで、
歩きすぎて、足が、腰が、とアママにこられることも。

また、こちらは白夜で、太陽が沈むのが遅めです。

ロシア~フィンランド付近の海上、21:30すぎでもこの明るさ。
IMG_8158

ヨーロッパを歩いていると町並みがどこもお洒落で綺麗で
歩いているだけでも楽しめます。
共通していたのは町の至るところにゴミ箱が設置されていたこと。
なので町にはゴミがなくて清潔でした。

ゴミ箱もお洒落!
IMG_8159

そのなかでも僕がヨーロッパで一番よかった所がラトビア共和国のリガという町でした。
日本ではあまり聞きなれない国ですが(僕は全く知りませんでした)
リガはバルト3国最古の町だそうです。
僕は、町自体がユネスコ文化遺産に登録されている地区の旧市街を見て回りました。
物価も安く、治安もよく、町の人たちはゆったりしていてとても居心地が良かったです。

IMG_8160

町を歩いていると絵になる風景があちらこちらに。
IMG_8161

リガの町のシンボルになっている建物にそびえる猫。
IMG_8162
リガのお土産にもよく見かけました。

何処か良かったところは?と聞かれたらオススメしたいラトビア共和国でした。

船はこれから南米へ向かって進んでいきます。

ではまた。

アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2017年5月10日

【第94回クルーズ】ピースボート便りVol.2

船は順調に進んでおり、現在スリランカのコロンボを出航し、
ヨーロッパ方面に向かっています。

今回は波が本当に穏やかだそうで
ほとんど大きな揺れもなく、こんなに揺れないのも珍しい
とstaffの方が言っていました。
ただリピーターの皆さんはこのままな訳はないと
思っているようで、いつ荒波が来ても大丈夫なように
心構えはしっかりしているようでした。

船の上の生活は携帯、テレビ、パソコン等は繋がらないし、
日本の情報などもあまり入らないので、普段は中々出来ないことがはかどります。

例えば僕は、本をよく読むようになりましたし、
後はストレッチを沢山しています。
学生以来、こんなにストレッチをしたことは無かったので
最初はかなり身体が固かったですが
少しずつ柔らかくなるのがわかるので楽しいです。

自分の時間を邪魔されずに集中して使えるのも
船旅ならではかも知れません。

アジアではシンガポール~プーケット~コロンボと
マッサージに行くことが出来たので写真を乗せます。

4/21
シンガポールの町でドクターフィッシュ。
30分30シンガポールドル(日本円で2300円くらい)。
相場がわからず、日本より安いのか高いのかもわからなかったのですが、
とりあえずやってみました。
koba04
koba03
感想は、足がツルツルになっていい感じでしたが
くすぐったいのが苦手な方はご用心を。

4/23
プーケット市内ではタイ式マッサージを
やりたかったのですが、時間がなく30分のフットマッサージで妥協。
担当してくれたタリアさん。
koba02
タイでは患者がソファーに座っての施術が一般的なのか!?
何件か見て回ってみましたが、そのスタイルでやっているお店が多かったです。
koba01
タイ古式は流石にソファーではないと思いますが、
日本のマッサージとは違うところでした。

4/27
スリランカのコロンボはアーユルヴェーダが有名らしく
やってみようと思っていましたが、激しい頭痛、吐き気のため断念・・・。
あまりに顔色が悪かったのか、お土産やさんの店主に謎の薬をもらいました。
大丈夫かな?と思いながら飲んで一日寝ると、すっかり良くなっていました。
ありがとう店主!写真は撮り忘れました、、、

そんなわけで、マッサージにはタイでしかいけてないです(笑)。
(シンガポールのはちょっと違うので)
自分の思うように行かないのもまた、
旅ならではなのかなと思いました。

ヨーロッパでも引き続きマッサージに行こうかなと思っております。

ではまた(^-^) アママ小林

カテゴリー: お知らせ, ピースボートスタッフ便り, ブログ |

2016年9月21日

「ひっぽ良いとこ、また今年も来たよ~♪」

【太極拳合宿報告】
9月17~19の2泊3日、宮城県丸森町 筆甫(ひっぽ)地区にある
そのつ森にて、蓬「ミ」塾太極拳合宿を行いました。
そのつ森にお世話になるのは、今年で3回目になります。

今回はひっぽ・丸森町の太極拳の生徒さんや、
仙台在住のピースボート乗船者の方も含め
約20人合宿でしたが、合宿初参加の方も多く、
行きのバスの中では、それぞれが自己紹介と、
この合宿での目標や課題などを発表しました。

自然豊かな山々に囲まれた、旧筆甫中学校。
その体育館が主な練習場所となります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天気が良ければ、校庭での練習も予定していたのですが、
連日の雨により、残念ながら室内での練習のみとなりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

練習は、朝6時からの朝練に始まり、午前・午後の練習、
初日は夜練もあり、まさに合宿!!!
まさに太極拳漬けの毎日でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青竜・白虎・玄武の3グループに分かれたり、
それぞれのレベルに合わせたグループ分けをしたりと、
とにかく多くの人と「気」を通わすことができ、
色々な方とコミュニケ―ションが取れたのではないかと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、普段とは違う人と一緒に練習することで、
自分の姿勢や、動作の形の見直しもできたという声もありました。

さて、3日間の合宿の中で、太極拳よりも
汗をかいていたかもしれないのが・・
卓球やバドミントン!!
練習時間の前や、休み時間などに、白熱した戦いが
繰り広げられていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひっぽの子供たちと勝負もしましたが、
レベルの高さ・身体能力の高さに驚きました。
やはり、友達に会いに行くのに、自転車に乗り、
山を越えるという強靭な足腰が関係しているのでしょうか(^_-)

また、今回の合宿では、
南椌椌(みなみくうくう)さんによるワークショップで
テラコッタ作りを体験しました。
テラコッタとは野焼きの焼き物です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%bf

椌椌さんから、好きな太極拳の型を作ってみてはどうかという
提案があったにも関わらず・・・
出来上がったものは、それぞれ思い思いのものばかり(笑)
%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%bf%e3%80%80%e4%bd%9c%e5%93%81
充分に乾燥させた後、10月30日に野焼きをするそうです。
焼き上がりが楽しみですね。

3日間、のどかな景色の中、充実した合宿を行なえました。
ご参加いただいた生徒のみなさん、
美味しいご飯を準備してくれたひっぽボランティアの方々、

そして、NPOそのつ森の太田さんご一家、
本当にありがとうございました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓オマケ動画

カテゴリー: お知らせ, ひっぽ, ブログ |

2016年8月31日

イキモノ図鑑VOL.2

蓬治療所ではたくさんのイキモノを育てています。
以前ホームページでもご紹介したイキモノたちの成長した姿を
いくつかお届けしたいと思います。

まずは・・・
ゴーヤ!!
毎日たくさんの水とたくさんの日光を吸収し
グングン育ちました。

雄花が咲き始め、一番初めに咲いた雌花を摘芯し、

8月に入ったころから続々と実をつけました。
収穫の喜びをかみしめながらいただきました。
IMG_2111
黄色くなったものは、バナナと一緒にミキサーにかけジュースでいただきました。
IMG_2747

続いて・・・
ナタマメ!!
これまたグングン育ち、あっという間に治療所の窓格子まで到達。
このままジャックと豆の木のように雲の上まで・・・と、おもいきや
まさかの折り返し。
そして、下に垂れ下がるように育ちました。

豆のような蕾ができ、
IMG_2160
きれいな白い花が咲き、
IMG_2232
刀のような鞘ができました。
IMG_2765

ナタマメは、その形から刀豆(トウズ)・帯刀(タテハキ)とも
言われるそうです。
鞘は福神漬けなどの漬物に、豆は主にお茶など薬用に用いられるそうです。
豆の薬効としては血行促進・免疫力向上・排膿などがあるようです。

そして、2階のネコ。
飼い主曰く、夏バテで少しスリムになったとのこと。
抱っこするときにフワッと持ちあがったと言っていますが
見た目ではあまりわからないとの噂もチラホラ(笑)
IMG_2748

内藤とうがらしも青唐から赤くな色づきはじめ、
フウセンカズラも小さな花をつけ始めました。
小さな内藤かぼちゃも収穫しましたが・・・

続きは次回イキモノ図鑑VOL3をお楽しみに!

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2016年6月8日

蓬治療所イキモノ図鑑

初夏になり、蓬治療所ではいろんなイキモノたちが息づいています。

去年、皆中稲荷神社の縁日でもらってきた金魚。
2匹だけ無事に生き延びています。
本日、水草を新しくしました。

IMG_20160608_160245

数年前から、新宿内藤とうがらし復活プロジェクトに携わり、
今年も手に入れた内藤とうがらしの苗をプランターに植えました。

naitogarashi0608-01

プランターに植え替える前の内藤とうがらしの苗。4つ窓辺に並べてみました。
naitogarashi0608-02

そうこうしている内にやっぱり江戸時代に伝わったという、ナタマメの苗を
ご近所アイロリの小野さんに頂き、内藤とうがらしの間に植えました。
naitogarashi-natamame0608-01

ナタマメは福神漬けにするとよいそうです。

そして、内藤とうがらしの苗販売をお手伝いした時に
内藤かぼちゃの苗をいただきました。
こちらもグングン育っています。
naitokabocya0608

先日月1回のヨモギランチの時に内藤とうがらしプロジェクトを牽引する
成田さんがいらしたので、内藤かぼちゃの育て方をレクチャーしていただきました。

そして、新宿緑のカーテンプロジェクトでもらってきたゴーヤ。
こちらも伸びてます。
goya0608-01

今のところ、ほとんどお花がないのですが、黄色い花がかわいい菊の花。
kiku0608

そうしている内に外の植物を見た太極拳の生徒さんから、
ひまわりの種とフウセンカズラ?の種をいただきました。
(スイカズラと言っていたけれど、袋には手書きで
フウセンカズラと書いてあるのでどちらかわかりません・・)
himawaritane0608

こちらは上手く育てられるかしら?

2階にはニャンコ。
nana0608

屋根の上はカラスさんたちのたまり場。
植物も動物も人間もイキイキできる治療院を目指してます(^ ^)

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2016年4月14日

月島エポーレカルチャースクール

蓬治療所では、月島にあるエポーレカルチャースクールでも
毎週水曜日の夜19時から、太極拳教室を行なっています。

いつも講師で行ってもらっている比嘉先生が沖縄に
帰省するとのことで、今回はスタッフ大沢が代行で、
(初!)月島に行ってまいりました。
エポーレカルチャースクールの太極拳教室は
もう10年以上続く教室です。

ただいま蓬道場は工事中で様々な場所を借りて教室を行なって
いるので、鏡のあるスタジオで練習するのは久しぶりです。

大分時間的な余裕を持って出かけたのに、市ヶ谷で有楽町線に
乗るつもりが、JR総武線の信号機トラブルで千駄ヶ谷で止まり、
信濃町でまた止まり、結局回復に大分時間がかかりそうという
ことがわかり、代々木まで戻って、大江戸線に乗換ましたが、
10分ほど遅刻してしまいました。

そんな状態でしたが生徒さんも受付さんも皆さん温かく迎えてくれました。

エポーレカルチャースクールは三味線教室や英会話教室など
様々ありますが、メインはバレエ教室です。
到着したときにレッスンが終了したちびっこたちがたくさん
出てきてかわいかったです。男の子も多いそうです。

ホームページはこちら↓
月島エポーレ・カルチャースクール

太極拳教室も生徒さん大募集中ですので、お近くの方は
ぜひ!一度体験にいらしてください。

今回は、初めてで遅刻という大失態をしてしまったので、
ゆっくり挨拶などもできなかったのですが、次週も代行で
行くので今度はもうちょっとエポーレカルチャースクールの
ことを詳しく知りたいと思います。

また、月島まで行くなら、もんじゃを食べたいということになり、
大久保のスタッフや友人と教室終わりに待ち合わせをして
寄り道して帰りました。

もんじゃ屋さんもたくさんあり過ぎてわからないので、
月島の太極拳生徒Kさんに教えてもらった「たんぽぽ」という
お店に行きました。お店の方には
「たくさんあるのに、どうしてうちを選んでくれたの?」と
聞かれたのですが、地元の人のオススメはよいですね。
食べるのに夢中でもんじゃの写真はないのですが、
美味しかったです。よかったらお試しください~。
                  (モ)

tsukisima.tanpopo0413

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2016年1月19日

【健康コラム】 薬草よもやま話Vol.1

「1973年の高麗人参酒」

百人町の地で開業して30数年経つ蓬治療所ですが、
そんなワケで!?お店の中からは、いろいろ古いものが
発掘されます。高麗人参酒もその1つで、瓶の裏には
“1973年8月26日”の文字が書かれています。
最近、ロウで閉じたその蓋を開封して、約43年前に
漬かった人参酒を夜のハラッパなどで皆さんに振舞う
機会ができました。そのままお湯で割って飲むと土くさい
ような、漢方薬を飲んでいる感じがしますが、知り合いから
咳やのどの痛みに効くともらった、自家製かりんシロップも
入れてみると、ほんのり甘く飲みやすくなって、おかわりの
人が続出しました。

人参の主な薬効成分にはサポニンがあります。
サポニンには毛細血管を広げて血流促進を促す効果が
あるようです。そのため人参には血流を促進して冷え症の
改善をする効果などがいわれています。また、人参の配合
される薬方では※小柴胡湯や、人参湯、麦門冬湯、六君子湯・・
などなど、胃腸虚弱を原因とする諸々の病に広く応用される
生薬として活用されています。

余談ですが、夜間ライブイベント夜のハラッパにて、
「便秘にもよい」との話があったところ、後日、飲んだ
参加者から、普段便秘だけれど、翌日にものすごく効果が
あったとの感想をいただきました。
 
〔※上記紹介した漢方の主治例〕
小柴胡湯・・吐き気、嘔吐、食欲不振など
人参湯・・下痢、吐き気、食欲不振など
麦門冬湯・・のどの不快感、呼吸困難、喘息、吐き気
六君子湯・・胸と胃部の膨満感、軟便、嘔吐

ninjin05

カテゴリー: ブログ |

2015年11月18日

大久保カラス

11月18日(水)
早朝6時の大久保通りにカラスが集合しています。

IMG_20151118_063540

カテゴリー: ブログ |

2015年4月1日

お花見太極拳

3月30日(月)は毎年恒例となる、新宿御苑でのお花見太極拳を
行ないました。5月初旬の気温らしく、暑いくらいでした。
その朝に満開になったと思われる桜を見ながら、皆でお弁当を
食べました。

太極拳はいつもの場所の近くでとても良い場所を見つけたので、
来年もできるとよいです。

sakura03

sakura02

sakura05

日にちが変わって、今朝の早朝太極拳も満開の桜の下でした。
ご近所の矯風会館の敷地内ですし、お花見をするような場所
でもないのですが、なぜか!?おでん?の具が桜の木の下に
たくさんばらまかれていました。

余ったにしても「乱暴だなぁ」と思いますし、
一体どうしてそうなったのでしょう・・。

sakura01

sakura04 (1024x765)

早朝太極拳はどなたでも参加自由です。朝6時に大久保に来れる方はぜひ、
一緒に太極拳を行ないませんか?お待ちしています。

カテゴリー: お知らせ, ブログ |