蓬治療所

24時間ネット予約はこちら

太極拳教室はこちら

よもやま話(ブログ)

2023年2月1日

1月のイベント報告~七草がゆとお餅つき~

「七草がゆとお餅つき」

お正月休みもあったので、1月はあっという間に終わって
しまいました。今日から2月ですね。
さて、1月16日(月)は毎年1月の恒例にもなっている
七草がゆをヨモギランチの時に行いました。
いつものように院長が町田で野草を採ってきてくれました。
一部は蓬治療所の外のプランター、通称ヨモギガーデンでも
採れます。
ホトケノザとスズナは無しの七草ならぬ、五草になって
しまいましたが、その辺りはこだわらず・・・(^_-)
20230116_115816

実家が群馬の方が上州名物の焼きまんじゅうを
持ってきてくださいました。
蒸してフワフワ、その後、ちょっと焼いて、
ハケで甘い味噌のタレを塗って完成。
シンプルでとても美味しいおまんじゅうでした。
Collage_2023-02-01_17_37_51

手作りレモンケーキや、サラダなどの持ち寄りもあり、
今回も充実したランチ会となりました。
20230116_121209

IMG_20230116_121036

お久しぶりの広告屋の森田さんも奥さんと最後の方で
立ち寄ってくれて、いつもよりちょっとにぎやかでした。

そして、次の日曜日は餅つき大会です。
子ども達も10人弱、大人も入れたら入れ替わり立ち替わり
40人くらいの参加者だったでしょうか。
Collage_2023-02-01_19_18_23

杵と臼も久しぶりに使うものなので、
最初はお試しもあり、院長が町田で作った黒米ともち米を
混ぜたものでつきました。
次は筆甫のもち米で3回、最後は玄米もち米で1回つきました。
甘酒を温めて配ったり、地元が熊本の(スタジオM関係)永田君が
人吉・球磨の郷土料理つぼん汁をお雑煮として作ってくれて、
最後にはすっかり綺麗になくなりました。
Collage_2023-02-01_19_23_25

ちなみにつぼん汁にはこんな意味があるようです。

大根・・・円満に過ごせるように
人参・・・魔除け
里芋・・・人の先頭に立つ
ごぼう・・・延命長寿
豆もやし・・・まめまめしく元気に働けるように
青菜・・・名をあげる・名を残す
えび・・・背が曲がるまで共にそいとげる
いか・・・末広がり

合わせて5回ついたお餅つきですが、
保育園でやったお餅つきはほとんど餅をつく順番が
まわってこなかったというCちゃんが、
張り切ってたくさんお餅をついてくれました。
そしていつも通り、院長がつく時間が多かったのですが、
今回は保育園児たちの声援がたくさんありました。

「大沢先生カッコいい~」
「大沢先生すごい!」
と、可愛い女の子たちからの
声かけがたくさんあるので、
院長は(逆に!?)力が抜けそうになりながらも
力がわいたのではないでしょうか(笑)
Collage_2023-02-01_19_03_46

いつも仕事で鉄骨を担いでいる患者さんのNさんは
休みの日までそんなに腰を酷使したくない(笑)と、
言っていました。
さて、臼と杵を返す前に残りの一升ほどのもち米で
餅をついてしまおうか?と話しています。
2月4日(土)予定では11時~12時くらいスタートで
行う予定です。
そんなに多くはないですが、
この前は参加できなかったけど、という方も
よかったらのぞいてみてくださいね。〔モ〕

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

スタッフの日々の雑感ブログ~道東案内3~

「道東案内3」
※メルマガ用の文章をHPにも載せています。
 
道東といえば海産物!!
ということで、最終日は根室の街を巡りました。
根室市街地は実家のある厚床から車で30分ほどかかります。
厚床駅から“汽車”でも行けます。
余談ですが、釧路根室間を走る花咲線のことを「電車」と呼ぶと
「電車ではないから汽車ね」といつも直されます(^^;)
ディーゼルカーなので気(動)車?それとも汽車?
詳しく聞いていないので漢字はどれを当てはめているのか
よくわかりません・・・。

根室駅の前にも海産市場がありますが、
今回は義父のオススメの「魚信」さんに行きました。
20230109_095402

魚信さんは根室の街中にありました。
花咲ガニやサンマや鮭、ホタテにホッケ・・・など、
海の向こうのロシア産のものから根室産のものなどあります。
ただ獲れるのはやはり夏の方がメインなのでこの時期は
冷凍されたものが多いです。
お魚は東京で買うにも高いので来るといつも欲しくなり、
鮭やホッケなど買って帰ります。

魚市場にはいきませんでしたが、根室駅にも立ち寄りました。
珍しく駅に人が多くいて、ちょうど花咲線が到着するところでした。

駅横の観光案内所には道東のお土産が売っているので、
なんか変わったものはないかな?と物色します。
最近人気の鳥、シマエナガコーナーもあります。
Collage_2023-01-25_19_30_01

基本的に暇だからか?
お土産屋のおじさんも親戚からかかってきたのかな?
っていうようなプライベートな電話などしています(笑)

そして、根室市街にきたら、毎回寄るのが
夫の思い出のソウルフード!?
“あま太郎焼き”です。
東京に来てからもいろいろ食べたけれど、ここのが
一番美味しいのだそうです。
確かにとても美味しいですし、
毎回20個とか30個とか買う人が並んでいるので人気店です。
(あま太郎焼きは東京なら大判焼きという名称でしょうか)
Collage_2023-01-30_16_30_00 (1)

その後は特に観光地というわけではないですが、
根室の地酒「北の勝」を造る酒造、碓氷勝三郎商店を外から見学。
中は公開されていませんが、毎年北の勝の「搾りたて」というお酒が
出ると即完売する人気らしいです。
Collage_2023-01-30_16_10_39

けんちく新聞の柳田さんだったらサラッと建物の絵を描いてくれるかな。
などと思いながらスマホでけむりが出る建物を撮影。
「北の勝」はこれまた義父がお土産に持たせてくれましたが、
箱全体が道東の地図になっていて可愛いです。

根室の街は高い建物がほとんどなく、好感がもてるというか、
かわいい町です。オシャレというのでもなく、規模感が札幌などとも
違って、小さくてちょうどいいなぁといつも思います。
毎回車なので、夏に街歩きをのんびりするのもよいかな、と思いました。

それからまだ行ったことのない明治公園に行きました。
明治公園はサイロがあるというのが特徴で他はとくにない!?(夫談)
”サイロ”はカーリング娘のもぐもぐタイムで
”赤いサイロ”という北見のお菓子が有名になりました。

広々しているのでお散歩するのにちょうどよいです。
昔は明治乳業の施設だったようです。
サイロ広場には野うさぎのふんがたくさんあったので、
人のいない時間にはうさぎが跳ね回っているのかな?と思いました(*^^*)
20230109_113349360

Collage_2023-01-30_16_34_00

最後は根室のB級グルメ「エスカロップ」を
家で待つ義父の分も買って帰宅しました。
エスカロップはバターライスの上にカツレスが乗っていて
デミグラスソースのかかったワンプレート料理です。
間違いなく美味しいです♪
毎回食べるわけではないですが、せっかく来たので
エスカロップ有名店のドリアンさんで買いました。
Collage_2023-01-30_16_46_03

実家でお昼を食べたあと、帰りの釧路空港へ向かう前、
最後の最後は小さな無人駅、厚床駅に行き、撮影しました。
前回はなかったアップライトピアノが置かれていたり、
根室出身なのか?演歌歌手のポスターが貼ってあったり、
小さなベンチが可愛く並んでいたり、
汽車も来ないので誰もいないそんな厚床駅で一人スマホ撮影をしました。
アップライトピアノで“猫ふんじゃった”も弾いてみました(笑)
Collage_2023-01-30_16_27_04

Collage_2023-01-30_16_17_55
↑このベンチの配色を見ると、いつもドクターマリオという
ファミコンゲームを思い出します。

今回はメルマガ目的でワーっといろいろ周りましたが、
道東のローカルな良さ、私の文章力で伝わったでしょうか・・・(^^;
つたない文章で申し訳ありません。
これにて道東案内シリーズを終わりたいと思います。
次回は夏バージョンをお待ちください。〔モ〕

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2023年1月18日

スタッフの日々の雑感ブログ~道東案内2~

「道東案内2」
※メルマガ用の文章をHPにも載せています。

今回は2泊3日の旅でした。
最終日の飛行機を夜の便にしたので、
2日目と3日目はゆっくり時間を使えそうです。
2日目はどこに行くか?
道東の観光地といえば阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖・・と
湖が多いのですが、冬はどこも寂しい観光地になっています。
毎回くらい摩周湖に行っているので今回湖はなしになりました。

さて、最初は中標津の「開陽台」というところに行きました。
開陽台は景色が丸く見えるよというのがウリで
ぐるっと360度?景色がよい場所です。
展望台からは根釧台地の格子状防風林というのが見えます。
Collage_2023-01-18_17_22_14

中標津空港からのアクセスもよいので、道東観光の最初に
訪れる人も多いそう(義父談)
展望台のお店は4月末から10月までの営業だそうで
展望台には登れますが、お店はしまっています。
1月の午前中に来ている人は車1~2台が入れ替わりで
訪れるくらい・・・の人の少なさです(笑)
雪の丘を軽く登りますが、途中でキタキツネと思われる足跡と
糞がありました。
Collage_2023-01-18_17_28_06

冬でも遠くまで見渡せますが、様々な景色を楽しむならば
夏の方が楽しめそうです。夏ならば夜空を見に来るのもいいかなと思います。
https://www.nakashibetsu.jp/kankou/kankou_jouhou/kaiyoudai/
 
その後は標津を通って野付半島に向かいます。
標津にはまだ行ったことのないサケの博物館“サーモンパーク”があります。
とても興味をひかれますが、残念ながらこちらも
2月~11月までの営業なのでいけませんでした(^^;

http://s-salmon.com/

ランチに標津でお蕎麦を食べて、お隣にある標津羊かんのお店で
お土産の羊かんを買います。
標津羊かんは道東のお土産の定番なのか、空港でも駅でも
スーパーでも手に入ります。シンプルな原材料で美味しい羊かんです。
20230108_140411

さて、1つ1つにたどり着くまでのドライブ時間が長いので、
野付半島に行ったら日が暮れそうです。
野付半島は左右が海になっている道東のしっぽのような半島で
鹿の群れもたくさんいます。
ところどころに写真撮影のために車を止めてカメラを構えている
人たちがいますが、ドライブをしながらでも遠くにナラワラが見えます。

ナラワラとはミズナラの原っぱが地盤沈下によって海水に浸食されて
立ち枯れた景色のことをいうそうです。
それから同じくトドマツの原っぱのなごりをトドワラというそうです。
https://www.smartmagazine.jp/hokkaido/article/12287/

野付半島のネイチャーセンターに着いたらトドワラや道東の味覚
北海シマエビなども展示されていました(^^♪

北海道でとれるイトウという大きな魚のはく製や、
道東の動物植物たちの模型やはく製、ロシアから流れてくる
漂着物など、様々な展示があります。

Collage_2023-01-18_17_36_15

ネイチャーセンター前の海の方を見ると遠くに国後島が見えます。
Collage_2023-01-18_17_32_54

義父、夫、私と各々気になる展示をじっくり見て
ネイチャーセンターを後にしました。
20230108_144718799

20230108_151932158

16時には日が暮れてしまうので、帰り道はすっかり暗くなりました。
途中、いつもインスタグラムでフォローしている
on cafe別海さんに寄り道してもらいます。
太極拳をしている人が袋に刺繍された福袋が売っているようで
気になっていたのですが、既に完売。
土熊マークのお茶を手に入れます。
IMG_20230108_174536
こちらで売られているクッキーなどの洋菓子は
北海道の原料を使ったシンプルで美味しいお菓子です。
いつもインスタグラムで美味しそうだなぁと見ています。
空港などに売っているものではないので、
ちょっとしたお土産にもオススメです。
https://www.instagram.com/oncafe_betsukai/

毎年冬にばかり訪問しているので、今度は夏に旅行を計画して、
夏の道東を楽しみたいと思います。
(冬は寒いので外の景色を楽しむにも限界が(>_<)) 最終日は根室市街地に行きますが、 またまた長くなってしまったので 次回最終回を書きたいと思います。〔モ〕

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2023年1月11日

スタッフの日々の雑感ブログ~道東案内1~

「道東案内1」
※メルマガ用の文章をHPにも載せています。
 
新年最初の投稿は「京都日記」や「豊島通信」のように
どこか紹介したいと思っていました。
お正月らしく、自宅近くの柴又帝釈天をレポートしようか?と
考えたのですが、タイミングを逃してしまったので今年は行かず・・・(^^;
そんなわけで3連休に北海道根室の(旦那さんの)実家に帰省したので
冬の道東を紹介したいと思います。
予め「今回はメルマガ用にあちこち行きたい!」と宣言したものの、
行ったことのない場所はほとんどなかったのですが、
道東の魅力を伝えられたらと思います。

ちなみにペットの子猫2匹は昨年猫を亡くした市川に住む友人が、
「猫ロスだから預かってもいいよ」
というのでお願いし、大人猫2匹は1日だけ兄に来てもらうように頼み、
自宅においていきました。
午前中発の羽田空港⇒釧路行きの飛行機はほぼ満席。
13時過ぎに到着した釧路空港の天気は快晴でした。
レンタカーを借りてさぁどうする?
根室市厚床駅にある実家に行くには、海沿いを行くのが一番早く、
中標津や牧場王国、別海などを通るルートは少し遠回りです。
ちなみに実家から一番近いのは中標津空港ですが、
1日1便しかないですし、予約できたことはありません。
今回は海沿いの街で牡蠣が有名な厚岸(あっけし)を通っていく
ルートにしました。
そして行ったことのない霧多布湿原もドライブしようと。
小ネタとしては、霧多布のある浜中町は
『思い出のマーニー』というジブリ映画のモデルになった町だそうです。

さて、厚岸までは1時間くらいで到着し、道の駅「コンキリエ」に立ち寄ります。
Collage_2023-01-11_16_31_50

帰るときには立ち寄ったことはあるのですが、
いつも時間が早いからか、レストランなどはやっていた試しがないものの、
今回は3つ全部の飲食店がオープンしていました。その時点で15時くらいです。
お腹は空いてるけれど、しっかり食べると晩御飯が辛いよね、と話し、
お土産屋さんの横にある軽食を買うことにしました。

生牡蠣、蒸し牡蠣、牡蠣の唐揚げ、ザンギ、ソフトクリーム、
じゃがりこならぬポテリコ!?・・・etc

カキフライは良く食べるけれど、牡蠣の唐揚げは食べたことないね、
と注文したら、なんと売り切れ。
みんな考えることは同じなんですね(^^;
蒸し牡蠣、牡蠣のクリームコロッケ、ポテリコ、
厚岸産ウィスキー入りのココア(←これは運転しない私だけ)を
注文しました。
“ポテリコ”はカルビーがサービスエリアなどで販売している、
じゃがりこ風のポテトを揚げたもののようで、二人でハマって
あっという間に食べてしまいました(笑)
Collage_2023-01-11_16_33_33

牡蠣はもちろん大きくて美味しかったです。
気づいたらもう陽が傾きかけてる、とコンキリエを出て霧多布に
向かいます。
厚岸の赤い橋を渡ると他の車はほとんどいなくなりました。
その変わりに出てきたのがたくさんのシカの群れ!
「あっシカ居た!」

「あっまたシカ居た!あぶねーあぶねー」と運転している旦那さん。

「茶色の林の中で、シカを見つけるのが早いね」

「なんか違和感を感じるんだよなぁ。」

最終的には道路の左右にぞろぞろと大群が!
道を横切るシカもいます。
毎回シカをたくさん見るので撮影を忘れましたが、
あとになってみると今回の旅では、この時が一番シカを見たのでした。
16時の時点で陽が暮れてしまったので湿原の展望台についた時には、
大きな満月が出ていました。
20230107_161818581

20230107_161603925

薄暗くて寒いので、あまり展望台には長居せずに、
今度は午前中に到着したときや、夏に来るのがまた
違ってみえてよいかな、と車に戻ります。
そのまま一路厚床に向かいました。
一度キタキツネを見かけましたが、シカとの出会いも終わり、
17時には厚床に到着します。
道中道路には、雪はほとんどなしでした。

少しお家で休んだら、この日は厚床唯一のお酒が飲める場所、
東光園という焼き肉屋で小学校の友人たちと同窓会になった、
というので一緒に参加させてもらいます。
帰省すると言ったら集まろうとなったそうです。

同窓会といってもクラスメート20名ほどの内、
5~6名参加なので4分の1の参加率!
ちなみに焼き肉屋さんは1つ上の先輩だそうです。
地元のローカルな話に混ぜてもらって
牧場経営のお友だちから、鶴と牛のおめでたい動画なども
見せてもらったり、18時~23時くらいまで!?
楽しい仲間にいれてもらいました。
ローカルもローカルな東光園の写真はスッカリ取り忘れました(^^;
次回行った時には東光園の写真も撮ってこようと思います。
焼き肉屋なんだけど、シンプルな〆のラーメンが美味しかったです。
1日目だけで長くなったので続きはまた来週にしたいと思います。
〔モ〕

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2022年12月30日

年末年始休業のお知らせ

12月29日(木)~1月4日(水)までお休みいたします。

neco.annai02

カテゴリー: お知らせ |

2022年12月7日

京都日記Vol.13~紅葉日記~

こんばんは。
不定期ではありますが、京都から日記をお届けしております、
みつもとですo-o

さて、今回は、お待ちかねの(?!)
京都の紅葉日記です。

10月くらいに、ある友人から、
某映画の舞台になった聖地巡礼がしたい!!
と連絡が来ました。笑
映画の中で、紅葉の京都を旅するシーンがあるらしく、
そこを巡りたいとのこと。笑
聖地巡礼…考えたこともなかったので、驚きましたが、
11月になり、各地で紅葉が見頃となったタイミングで
友人との予定も合ったため、
初☆聖地巡礼に行くことになりました。

京都駅からバスで清水寺方面へ向かおうとなりましたが…
まさかの、バスに長蛇の列!!!!!(O_O)

紅葉の季節の京都のパワーを感じました。笑

臨時バスなども出ていたため、
最後尾の看板から15分くらいでバスには乗車でき、
まず目指すは八坂庚申堂!

こちらの八坂庚申堂、正式名称は金剛寺といい、
カラフルな「くくり猿」がSNSで人気のお寺です。

この「くくり猿」は、欲望のまま行動する猿の手足を縛ることで、
わがままな自分の心を戒めるために作られたお守りだそうで、
欲を一つ我慢して、本尊の青面金剛に奉納することで、
願いを叶えてくれるといわれているそうです。
お参りする時には、残念ながらこのことを知らず、
欲望のままに願いを書いてきてしまいました(T_T)
ご本尊様に願いは届くのでしょうか…
不安です。笑笑

カラフルなくくり猿↓
1670391763826

さて、そのまま二寧坂の方へ向かい、次は高台寺です。
こちらは、1606年に豊臣秀吉の正室「北政所(ねね)」が、
秀吉を弔うために創建したお寺で、夏や秋に夜間拝観を行う寺としても有名です。
その某映画でも、主人公が夜間拝観で高台寺を訪れ、
紅葉の美しさに感動していました。
今回は日中に行きましたが、キレイに赤く染まった紅葉を見ることができました。
高台寺↓
1670391771008

1670391771345

個人的に高台寺のお気に入りの一枚。
境内に生えてたキノコに紅葉。笑
1670391771481

さて、続いては、円山公園を通り八坂神社へ。
その道中で、すやすや眠る野良猫たちを発見!!
全く警戒心なし!笑

1670391777120

八坂神社をお参りし、空腹のため、昼食をとりました。
すぐ近くのうどん屋さんに入り、
衣笠丼とかけうどんのセットを注文。
1670391781854

この衣笠丼、最近私のハマりメニューで、
家でもよく作ります。
なんたって簡単!笑
スーパーで、甘く炊いた油揚げを乾燥したものを購入したのがきっかけでした。
だし汁の中に、その油揚げを投入、
ネギを入れ、酒、砂糖、醤油、みりんなどをその日の気分で投入!笑
最後に卵でとじたら、はい出来上がり♪笑

と、急に料理コーナーになってしまいましたが、
東京にいた時はあまり馴染みのない料理だったので、
なんだかとてもお気に入りなのです(^^)

さて、話がそれましたが、
続いては南禅寺へ。
1670391786722

1670391786860

サスペンスで有名、水路閣!
1670391790510

まだまだ行きます。
続いては平安神宮神苑です。

平安神宮は何度か行ったことがあったのですが、
この神苑は全く知りませんでした(°_°)
神苑は平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された
南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成されています。
時間的にも夕日が沈む頃で、空と紅葉と…
とてもキレイな景色が楽しめました。
紅葉と夕日 東神苑泰平閣↓
1670391795951

一日で詰め込んだとは思えないほど、
盛りだくさんの紅葉と楽しかった聖地巡礼。
約18000歩の旅でした。笑

では、またいつの日かー(^^)/~~~  (光)

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2022年11月16日

今日のヒトツボ

不定期掲載ながら、今日のヒトツボというタイトルにしてしまったので、
今、この季節に使いやすいツボをご紹介したいと思います。
 
最近急な気温の変化により、首や肩の痛みを訴える人が増えています。
首や肩甲骨の間辺りを寝違えてしまって、動かすと痛むような
急性症状の方もいらっしゃいます。
どちらも反対の手の親指で押してみてください。
良かったらお試しくださいね。

★落沈穴(らくちんけつ)
首が回らない急性症状に自分が寝違えた時も院長からとっても響く鍼を
してもらった記憶があります。

・場所:手の甲側にあり、人差し指と中指の付け根から手首に向かい、
    握りこぶしをしたときに出っ張る骨の間あたりの押すと痛いところ。

20221109_134839
 

★にゅうしょう穴(にゅうしょうけつ)
私が修業時代の治療院で院長がぎっくり腰や寝違いによく使っていたツボです。

・場所:(手の甲側で)手首の真ん中にある陽池穴と
     肘の外側のシワの端にある曲池穴を線で結び、
     曲池寄りの4分の1の場所になります。

20221109_134704
 

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2022年11月9日

元研修生クスダの日記~番外編~

※蓬治療所には社員、アルバイトなどのスタッフや
研修生、ピースボート専門スタッフなど、これまで
たくさんの人が関わってきました。今は少ない体制なのですが、
鍼灸学生で研修スタッフとして来ていたクスダ君からの
お便りが届きましたのでご紹介したいと思います。
ハラッパ蓬友の会のメルマガ用にもらった文章です。

———
皆さま、こんにちは。
蓬治療所で昨年まで研修させて頂いていました、クスダです。
この度、色々なご報告と共に、メダカ日記の続きをメルマガで
皆様にお伝えできる機会をもえ先生から、お声かけ頂きましたので
恐縮ながら、皆様にご報告させて頂きます。

無事に国家試験を合格し、鍼灸師となりました。
そして、現在はより知識を深める為に、筑波大学教員養成施設に進学致しました。
これらは蓬治療所で大沢先生やもえ先生にご指導を頂きました賜物であります。
また、太極拳でご一緒させて頂きました皆様の応援のおかげです。
この場を持ちまして、心より御礼を申し上げます。
ありがとうございます!!

メダカは、祖父の他界を期に、祖父が育てていたメダカから
大人メダカ2匹、子メダカ3匹を連れて、東京に来て早2年が経ちますが、、
現在、水槽を5つ体制で、メダカも100匹近くまで増えております。
更に、赤土とエビを加えた、水の循環システムを嫁が構築しまして、
メダカの繁殖力があがっているだけでなく、
エビも子供を産みまして、水槽の中がドシドシと楽園ができております。
ベランダの大きさを考慮しても、来年の夏の繁殖期にどうなるのか、
今から戦々恐々としております。
メダカを育てたい方がいらっしゃいましたら、どうぞお声かけ下さい。

さて、先ほどの文章の中に「嫁」という言葉がありましたが、
三十数年、独りで淋しい人生を送っていました、クスダ。
もう、孤独に土に還ることが、周りの下馬評であった、クスダ。
そのクスダが、無事に、嫁を貰うことができました。
輝く竹から生まれた、月からきた美人ではなく、
日本のピーナッツの国、千葉の女性です。
ありがとうございます。
そして、2週間ほど前に、2,965gの元気な男の子を授かりました!
1667971387828
洗濯いった時に、上流からどんぶらどんぶら流れてきた、
桃から生まれたわけではないですよ。
息子が誕生する瞬間にも立ち会えて、とても感動しました。
名前は、家族からは画数が多いから、子供がかわいそうだという
批判を受けに受けた、覇公鷹と書いて、「はくたか」です。
クスダの苗字に合う画数が少なく、調べに調べて、
Bigに成長して欲しいという願いを込めて、最強の名前だと自分では思っています。
すでに親ばかですね。笑
・・・が、はや2週間、子育てという戦いに日々、全身撃ち抜かれております。
腕の中で寝るのですが、ベットでは泣きまくる、
親を嬉しくさせながら、親泣かせな元気な子です。
スタートをきったばかりですが、この先がどうなるか楽しさより
怖さのが多い現状であります。

という感じで、クスダは元気に生きております。
プライベートのご報告ばかりで、とても恐縮ではありますが、
皆様にご報告させて頂く機会を頂きまして、感謝申し上げます。
また、何かの機会に、メダカ、はくたか、の事をご報告できれば、
嬉しいなと思いまして、今日はこのへんにしておきます。

ありがとうございました。
クスダ

カテゴリー: お知らせ, ブログ |

2022年10月19日

ヨモギランチ報告2022年10月

10月4日は唐辛子の日!?ということで、
今年も行われたかはわかりませんが、この時期、毎年新宿区では
内藤唐辛子のイベントが行われています。
内藤唐辛子や内藤かぼちゃを使ったスイーツが伊勢丹で
販売されたりもしていました。

そんなわけで10月のヨモギランチでも
内藤とうがらしを使ったお料理を作りました。
いつも何を作ろうか、、と悩みますが
遡ってみると2016年から内藤とうがらしランチをしていました。
今まで作った内藤とうがらし料理はこんな感じです↓

・食べるラー油
・ブロッコリーとパスタのペペロンチーノ
・葉とうがらしのチヂミ
・葉とうがらしのお浸し
・内藤かぼちゃ入りの味噌汁
・青とうがらしペーストのパスタ
・油揚げの七味とうがらし炒め
・チンゲン菜と卵と内藤とうがらしのスープ
・糸こんにゃくペペロンチーノ
・青とうがらしと焼き鳥炒め
・青とうがらしとひき肉炒め
・芋餅に葉とうがらし乗せ
・内藤とうがらしとこんにゃく、ワカメの炒めもの
・水ナス(内藤とうがらし入り)
・ひき肉玉ねぎ炒め(内藤とうがらし入り)
・しそと内藤とうがらしのっペーストとクラッカー
・内藤とうがらし入りバターハチミツ入りトースト
・ワカモレソース・サルサソース・ラー油をトルティーヤにつけて
 
内藤とうがらしの苗が販売されるのが5月なので、
7月や10月くらいに年1~2回内藤とうがらしランチを行っています。
唐辛子料理ってあまり思いつきませんでしたが、
書き出してみると、内藤とうがらしの本やwebで
紹介されているものも含め様々作ってきましたね。

今回ヨモギガーデンには1つの鉢植えに緑の内藤とうがらしが
たくさん実っていました。
赤くなったものがなかったので、
すべて緑のとうがらしで作りました。
ベトナム料理の時に使いきれていない生春巻きの皮があったので、
揚げ春巻きをしました。
春巻きをまくときに唐辛子の葉っぱをいれると
可愛くできました♪

Collage_2022-10-19_18_04_17
 
メニューはこんな感じ。

・ベトナム風揚げ春巻き(豚ひき肉・大葉・唐辛子・春雨・葉とうがらし)
・スイートチリソース(エビ・豚ひき肉・レモンバジル・葉とうがらし)
・野菜サラダ 内藤とうがらし入り味噌マヨディップ
・ジェノバソースパスタ(大葉・内藤とうがらし入り)
Collage_2022-10-19_18_06_56

20221003_122451

20221003_122418

1666170005813

内藤とうがらしは鷹の爪などと比べても辛さが少ない!?
という売り込みなのですが、毎年まあまあ辛くなります。
いつも辛いので、今回、辛さは控えめでした。
そうすると、もうちょっと唐辛子多めでも大丈夫だったかな?
とも思いますが、加減が難しいですね。
参加者6名で今回も美味しくいただきました。

カテゴリー: お知らせ, ブログ, ヨモギランチ |

2022年9月28日

スタッフの日々の雑感ブログ~猫が増えた!?~前編

【日々の雑感ブログ】
※こちらのブログは毎週水曜日のメルマガ用に書いています

~猫が増えた!?~
 
こんばんは!スタッフ大沢です。
今日はネタも見つからず、自分の家のあれこれを
書きたいと思います(笑)

7月に知り合った方が、猫をたくさん
飼われている方でした。
家に捨て猫なども置いていかれることもあるようで、
現在、12匹!?家にいる、と聞きました。

ご家族も亡くなり女性1人で12匹!!
順次避妊手術なども行い、
多頭飼育崩壊はしていないようでしたが、
野良猫が子猫を産んでしまい(その時にはもう家猫になってました)
子猫も5匹いるということです。

去年ナナちゃんがいなくなって
ロクちゃん、キイロちゃんの2匹になった我が家。

ナナちゃんと大久保保護猫の
ロクちゃんとキイちゃんは仲良くならず
1階と2階で住みわけしていました。
(年齢も10歳以上離れてましたしね・・)

ロクちゃん、キイちゃんは今3歳なので
子猫がきても仲良くなるかな?
この夏はあっちでもこっちでも子猫が保護されているし、
猫トイレもたくさんあるので、夫と話して
どの猫か引き取ろうか、となりました。

8月の終わりに取手の猫屋敷?まで子猫を
引き取りにいきました。
わらわらとたくさんいる中で、我が家にお迎えしたのは、
黒猫の男の子とグレーハチワレの女の子です。

他の子達もかわいかったけど、実家にも黒猫がいましたし
黒猫いいなぁと(*^^*)
ハチワレの女の子はキョトンとした顔がかわいい。

お家にお邪魔して、黒猫君と対面となりましたが、
おもちゃで遊んでも黒猫君だけは寄ってきません。
一番警戒心が強いみたいでした。

猫屋敷の住人Iさんが、
「黒猫が欲しいなら、実は・・・」と。
奥から他の猫が産んだ、まだミルクを飲んでる
小さな赤ちゃん黒猫が出てきました!

そのお家に着いたとき、お母さん猫が
5匹の子猫におっぱいをあげていたのですが、
実はそのお母さんはこの1匹の黒猫ちゃんのお母さんでした。
5匹の子猫のお母さんはまた別にいるけれど、面倒をみないのだそう。
そして、黒猫赤ちゃんのお母さんは我が子の面倒を見ずに
もうちょっと大きな他の猫の子どもの面倒をみているということでした。

黒ちびちゃん!(*^▽^*)
可愛すぎるけど、夜中もミルクをあげないといけないし、
普段、面倒みないお母さんも急に黒ねこ赤ちゃんを取られると
思ったのか、ニャアニャア騒ぎ出します。

その内、6月生まれの黒猫君もやっと寄ってきたので、
最初の考え通り、黒猫君とハチワレちゃんを引き取りました。

車酔いしたのか、帰り道に吐いたり、下痢したり、
大変―――っ!となりましたが、予約していた動物病院に
直行したので、うんちに寄生虫がいないか?など
そのまま見てもらえました。

寄生虫はいなかったのですが、
2匹そろってノミ!?
ハチワレちゃんの鼻はカビ!
あとは耳も真っ黒で掃除してもらいました。
目ヤニもあって風邪かな?

ひとまず試供品のシャンプーをくれたので、
帰ってお風呂場に直行し、シャンプーをして、
ノミの薬をして、他の2匹とは最初から会わせないように隔離します。
さて、名づけですが
ロクちゃんやナナちゃんのように数字の名前はどうかな?

私 ヨンちゃんは?
夫 ヨン様みたいだからいやだ。

私 三ちゃんは?
夫 明石家さんまみたいだから嫌だ

私 五郎・・って感じでもないか。

そしてなんかかわいいからという理由で
オスの黒猫は「タロちゃん」
メスのハチワレ猫は
夫の実家、根室の厚床(あっとこ)の地名から
「トコちゃん」になりました。

1ヶ月ほど経ってボソボソだった毛もツヤツヤになり、
体重も100グラム単位で増えてきています。
子猫は順調に成長しています。

さて、先住猫と私たちは・・・現在トラブル続出です。
長くなりましたので後編はまた次回に。〔モ〕

黒猫タロちゃん
(獣医さん曰く幸運の鍵しっぽ!らしい)
20220917_075722

ハチワレトコちゃん(少し大きくなった最近の写真)
20220919_190409

カテゴリー: お知らせ, ブログ |